@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清浄【ショウジョウ】

デジタル大辞泉

しょう‐じょう〔シヤウジヤウ〕【清浄】
[名・形動]
清らかでけがれのないこと。また、そのさま。せいじょう。「清浄な(の)心」
仏語。煩悩(ぼんのう)・私欲・罪悪などがなく、心の清らかなこと。「六根清浄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐じょう〔‐ジヤウ〕【清浄】
[名・形動]清らかで、けがれのないこと。清潔なこと。また、そのさま。しょうじょう。「清浄空気

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいじょう【清浄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうじょう【清浄】
名 ・形動 [文] ナリ 
清らかでけがれのない・こと(さま)。せいじょう。 池の中は…淀よどんでゐる丈だけで、少しも-な趣はなかつたが/門 漱石
煩悩ぼんのうや罪などがなく、清らかなこと。 六根-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいじょう【清浄】
名 ・形動 [文] ナリ 
きよらかでけがれのない・こと(さま)。しょうじょう。 -な空気 -な柔やさしい処女/谷間の姫百合 謙澄
[派生] - さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐じょう シャウジャウ【清浄】
〘名〙 (形動)
① 清らかでけがれのないこと。また、そのさま。せいじょう。
※続日本紀‐神亀二年(725)七月戊戌「必憑幽冥、敬神尊仏、清浄為先」
※太平記(14C後)三二「清浄(シャウジャウ)ならん人をして、我身の金精(さび)を拭ふべし」
② 仏語。煩悩や悪行がなく、心身の清らかなこと。また、そのさま。
※観智院本三宝絵(984)下「もしこの身に五逆四重をかして比丘の法をうしなへらむかへりて清浄なることえて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐じょう ‥ジャウ【清浄】
〘名〙
① (形動) 清らかでけがれのないこと。また、そのさま。しょうじょう。
※集義和書(1676頃)一四「英才は、必ず恭敬篤実の所不足也。しかれども、心の無欲清浄なる事はかはりなし」 〔書言字考節用集(1717)〕
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「アア貴嬢は清浄(セイジャウ)なものだ潔白なものだ」
② 数詞の一つ。極めて小さい数の単位で、10-21 にあたる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清浄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清浄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation