@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清里【きよさと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清里
きよさと
新潟県西部上越市南部の旧村域。高田平野東部から東頸城丘陵に広がる。 1955年菅原村と櫛池村が合体して清里村が成立。 2005年上越市に編入。古墳群が多く,上代には物部一族の繁栄した武士郷の一部であったとされる。西部の平野部は米作中心の地域。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清里
きよさと
山梨県北西部,八ヶ岳南東の緩傾斜地。北杜市に属する。標高 900~1500m。念場原 (ねんばがはら) と呼ばれる荒れ地であったが,1935年小海線が開通してから徐々に開発され,第2次世界大戦後は集団入植により高原酪農地が開けた。避暑地としても発展し,学校,公共団体のペンションが多数設けられている。八ヶ岳をはじめ赤石山脈富士山奥秩父の山々などの眺望がよく,周辺に美し森などの観光地がある。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよさと【清里】
山梨県北杜(ほくと)市の地名八ヶ岳南東麓に広がる標高1000~1400メートルの高原。避暑地・観光地。高原野菜栽培と酪農が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

清里
(北海道斜里郡清里町)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation