@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

渋沢敬三【しぶさわけいぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渋沢敬三
しぶさわけいぞう
[生]1896.8.25. 東京
[没]1963.10.25.
実業家,政治家,民俗学研究者。渋沢栄一,子爵渋沢篤二の長男として生れる。 1921年東京帝国大学経済学部卒業。横浜正金銀行に入り,また,同 1921年アチック・ミューゼアム (屋根裏博物館) を自宅に開設して,郷土玩具の収集と調査を開始。 1926年祖父の創業した第一銀行に移り,1942年日本銀行副総裁に転じ,1944年総裁に就任。 1945年幣原内閣蔵相となり,第2次世界大戦直後のインフレ対策に努めた。公職追放を受けるが,1951年解除後は国際電信電話社長など財界で活躍。一方戦前からの民俗学民族学研究も精力的に続け,広くその研究成果を発表し,日本民族学協会 (現在の渋沢民族学振興基金および日本文化人類学会) を興して会長をつとめ,さらに戦後は幅広い人文科学の学際的協業の必要性を説いて六学会連合 (現九学会連合) を組織した。収集された民具の多くは,現在国立民族学博物館に収蔵されている。主著豆州内浦漁民史料』『日本魚名集覧』『明治文化史』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぶさわ‐けいぞう〔しぶさはケイザウ〕【渋沢敬三】
[1896~1963]実業家。東京の生まれ。栄一の孫。日本銀行総裁を経て、敗戦後、幣原(しではら)内閣の蔵相に就任。民俗学・生物学学者としても知られ、常民文化研究所を主宰、多くの研究者を援助した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

渋沢敬三 しぶさわ-けいぞう
1896-1963 昭和時代の実業家。
明治29年8月25日生まれ。渋沢栄一の孫。第一銀行副頭取などをへて,昭和19年日銀総裁。20年幣原内閣の蔵相となり,戦後財政の処理にあたる。公職追放解除後,国際電信電話社長などをつとめ,財界で活躍。また,アチック-ミューゼアム(のち日本常民文化研究所)を主宰し,おおくの民俗学者をそだてた。昭和38年10月25日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。編著に「日本魚名集覧」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しぶさわけいぞう【渋沢敬三】
1896‐1963(明治29‐昭和38)
近代の実業家。東京の生れで,渋沢栄一の孫。東京帝国大学経済学部卒業後,横浜正金銀行に入るが,のちに第一銀行に移る。1944年には日本銀行総裁に就任し,第2次大戦後は幣原(しではら)喜重郎内閣の大蔵大臣となるなど経済界の指導者として活躍した。一方,大学在学中から穂積陳重石黒忠篤柳田国男などの影響を受けて,文化の基層を,支配階級を除いたごく普通の庶民すなわち常民の文化に求め,とくに漁業関係の社会経済史料に注目した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぶさわけいぞう【渋沢敬三】
1896~1963 実業家・民俗学研究家。東京生まれ。渋沢栄一の孫。日本銀行総裁・大蔵大臣。アチックミューゼアム(のち常民文化研究所)を主宰、民族学・民俗学などの学会活動や野外調査に多大の援助を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

渋沢敬三
しぶさわけいぞう
(1896―1963)
昭和期の実業家。渋沢栄一の孫として東京に生まれる。東京帝国大学を卒業し、横浜正金銀行に勤務したが、1925年(大正14)には祖父の創設した第一銀行に取締役として入り、41年(昭和16)副頭取(とうどり)に就任した。42年日本銀行に転じて副総裁、総裁を務め、敗戦後の45年(昭和20)10月には幣原(しではら)内閣の蔵相となり、戦後インフレの収束にあたった。公職追放を受けたが、解除後は国際電信電話(現在はKDDI)社長、文化放送会長などを歴任するとともに、財界の世話役として活躍した。業務のかたわら、少年時代から関心をもっていた生物学や民俗学の研究を続け、自邸に常民文化研究所を設け、また多くの研究者を援助した。日本民族学協会や人類学会の会長をも務めた。[杉山和雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぶさわ‐けいぞう【渋沢敬三】
実業家。東京出身。栄一の孫。東京帝国大学経済学部卒。第一銀行副頭取、日本銀行総裁を歴任。第二次世界大戦後は、幣原(しではら)内閣の蔵相、国際電信電話社長、文化放送会長を歴任。また、常民文化研究所を主宰するなど、民俗学者、生物学者としても有名。「民具蒐集調査要目」を編集。明治二九~昭和三八年(一八九六‐一九六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋沢敬三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渋沢敬三の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation