@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

渋草焼【しぶくさやき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

渋草焼[陶磁]
しぶくさやき
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
高山市で製作されている。1840(天保12)年に、飛騨九谷・飛騨赤絵と呼ばれる陶磁器をつくり始めたのが起源。手づくり・手描きによる伝統が守られ、焼き物表面を飾る染付・赤絵・青磁白磁鉄砂などの模様は、独特の渋草調。岐阜県郷土工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

渋草焼
岐阜県高山市で生産される伝統的な焼物。天保年間に、当時の高山陣屋飛騨郡代の豊田藤之進が、地域産業を発展させる目的で、尾張陶工戸田柳造を招き、渋草(現在の高山市上岡本町付近)に半官半民の運営でを開かせたのが起源。その後、槍ヶ岳山麓で陶石が発見され、磁器の製造も始まった。岐阜県郷土工芸品に認定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぶくさ‐やき【渋草焼】
〘名〙 飛騨国大野郡上岡本村渋草(岐阜県高山市上岡本町)で焼かれた陶器。天保一三年(一八四二)瀬戸の陶工戸田柳造が窯を築いたのに始まる。のち九谷の陶工が来て赤絵物を製造、飛騨九谷、高山焼とも呼ばれた。明治に再興され、有田から技術を導入して染付け磁器や青磁を製造。渋草。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋草焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渋草焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation