@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

減反自主参加【げんたんじしゅさんか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

減反自主参加
げんたんじしゅさんか

政府は米の需給調整をはかるため、作付け面積を制限する減反政策を強化しているが、この動きに反発する動きが1997年(平成9)春に岩手県東和町(現花巻(はなまき)市)で顕在化した。従来の地方自治体単位の減反面積割り当てを拒否し、自主参加に切り替えるべきとの主張だった。この反旗は政府の説得工作で挫折したが、農水省の減反政策を大きくかえる契機となった。政府は98年度産米から農家の自主性を尊重し、減反に参加する農家に対しては奨励金を支給し、参加しない農家には支給しないだけで、ペナルティを課さなくした。

[尾野村祐治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減反自主参加」の用語解説はコトバンクが提供しています。

減反自主参加の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation