@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

減圧蒸留【げんあつじょうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう
(1) distillation under reduced pressure 蒸留装置内の圧力を下げて行う蒸留。真空蒸留ともいう。圧力を下げることによって沸点を下げ,低い温度ですみやかに蒸留することができる。突沸を避ける工夫が必要である。 (2) vacuum distillation 常圧蒸留の残油 (常圧残油) を減圧下で蒸留し減圧軽油と減圧残油に分離する工程。減圧蒸留装置は,熱交換器,加熱炉,減圧精留塔などから構成される。常圧残油は熱交換器で予熱され,加熱炉で 400℃ぐらいに加熱されて減圧精留塔に入り,減圧軽油を留出し,残油は塔底から抜き出される。減圧軽油は重油基材となるほか,接触分解用原料油,潤滑油などに使用される。減圧残油は重油基材,アスファルト製品となるほか,熱分解用原料油となり石油コークスの製造に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんあつ‐じょうりゅう〔‐ジヨウリウ〕【減圧蒸留】
大気圧よりも低い圧力のもとで行う蒸留。沸点が低くなるので比較的低温で蒸留ができる。真空蒸留。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんあつじょうりゅう【減圧蒸留】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんあつじょうりゅう【減圧蒸留】
常温で蒸留すると分解してしまう物質や、常圧では高い沸点をもつ物質を、減圧により沸点を下げて蒸留する操作。有機化合物の分離などにしばしば利用される。真空蒸留。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう
distillation under reduced pressure

大気圧以下の低い圧力の下で沸点を低下させて行う蒸留操作。真空蒸留ともよばれたが、これはあまり好ましくない。常圧下の蒸留では、沸点付近で分解、その他の化学変化をおこすおそれがある場合に行われる。実験室的には真空ポンプや拡散ポンプを用い、水銀柱0.001~1ミリメートル程度の減圧が使われる。工業的には石油精製における減圧蒸留が代表的で、石油は約450℃以上で熱分解をおこすため、沸点の高い潤滑油留分の精留や、常圧蒸留残油から接触分解原料油、間接脱硫原料油の分取などに広く適用される。工業的操作の真空の発生には、おもにスチームエジェクターとサーフェスコンデンサーまたはバロメトリックコンデンサーを組み合わせた装置(スチームの急冷凝縮による減圧発生を利用する)が使われ、水銀柱10ミリメートル以下の減圧が使われることが多い。

[原 伸宜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんあつ‐じょうりゅう ‥ジョウリウ【減圧蒸留】
〘名〙 蒸留装置内を減圧して、沸点を下げて蒸留すること。迅速に蒸留する場合や、常圧で沸点まで加熱すると分解する化合物に用いられる。真空蒸留。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

減圧蒸留
ゲンアツジョウリュウ
vacuum distillation

減圧下における蒸留.常圧蒸留で沸点まで加熱すると分解したり,不純物の熱分解で無色であるはずの留液が無色にならない場合,あるいは減圧下では不純物との沸点差が大きくなり精製が容易になる場合には,減圧蒸留が利用される.減圧蒸留装置を図に例示した.アスピレーターまたは真空ポンプを用いて減圧にしてマノメーター(圧力計)で減圧度を知る.蒸気の移動を助け,突沸を防ぐために毛管を入れておくのが普通である.

通常,3.3 kPa まで圧力を下げると,沸点は100~130 ℃ 降下し,圧力をさらに半分下げるごとに,沸点は約10 ℃ ずつ降下するといわれているが,簡便な減圧下の沸点換算表を利用すれば,沸点を予知することができる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減圧蒸留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

減圧蒸留の関連情報

関連キーワード

真空蒸留トレベリアンハ ジン神の下の国忠誠の誓いスキューバ・ダイビングスクーバ・ダイビングunder barNCセブンティーンDUI

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation