@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

減法【げんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

減法
げんぽう
subtraction
四則計算の一つ。通常は,ある集合からその一部を取除いて考える算法をいう。集合 ABC に分割されている状態を考えれば,abac も対等に考えられ,5人のうち男3人で女は5人-3人というのと,5人のうち女2人で男は5人-2人というのはどちらも直接的に減法と考えられる。しかし通常は除去に伴う時間的意識が残っているため,5人のうち3人出ていって残りは5人-3人になっても,5人から何人か出ていって2人残るという場合には,直接的に5人-2人と考えるより,5人-x人=2人のように考える人が多い。このほかに,についても法が用いられるが,これは本来の減法とかなり性格が違う。抽象的には加法の逆演算である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐ぽう〔‐パフ〕【減法】
ある数や式から他の数や式を引いて差を求める計算法。引き算。⇔加法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんぽう【減法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんぽう【減法】
ある数から他の数を取り去って、その差を計算する方法。引き算。 ⇔ 加法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

減法
げんぽう
計算方法の一つ。二つの数に対して、一方の数から他方の数を引き去った第三の数を求めることを引き算、または減法という。そして得られた数を差という。初めの2数のうち、引かれる数を被減数、引く数を減数という。たとえば、8-3=5では、8が被減数、3が減数、5が差である。-は減法の記号である。減法は、ある量からいくらかの量を取り去った残りを求める場合、二つの量の違い(差)を求める場合などに用いられる。[三輪辰郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐ぽう ‥パフ【減法】
〘名〙 ある数から他の数を引き、その差を求める算法。減算。引き算。⇔加法。〔英和記簿法字類(1878)〕〔竪亥録‐三〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

減法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation