@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

減速材【げんそくざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

減速材
げんそくざい
moderator
核分裂によって生じた中性子核分裂連鎖反応を起こす際,他の原子核吸収されやすいよう中性子の速度を遅くするために使われる物質核分裂で放出される高速中性子は吸収断面積が小さく反応しにくい。このため,他の物質と衝突させて減速させ,より遅く吸収断面積の大きな熱中性子にすることが必要である (→中性子の減速 ) 。原子炉に使うためには中性子の吸収が小さいものが望ましい。水 (軽水) ,重水黒鉛 (石墨) などが用いられる。軽水は減速能力が高いが中性子吸収が大きいので,濃縮ウランに使う必要がある。重水,黒鉛では天然ウランでも使える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんそく‐ざい【減速材】
原子炉で、核分裂によって発生する高速中性子を減速して、連鎖反応を引き起こしやすい熱中性子にする物質。軽水・重水黒鉛など。モデレーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんそくざい【減速材 moderator】
減速材は熱中性子による核分裂を利用する原子炉(熱中性子炉)の炉心を構成する主要材料の一つである。核分裂で発生する中性子は平均2MeVのエネルギーをもつ。核分裂性核種の核分裂断面積は,エネルギーが2MeVの中性子に対しては数バーンにすぎないが,1eV以下に減速された中性子に対しては数百バーンに達する。主として1eV以下の中性子によって核分裂を起こさせる原子炉を熱中性子炉という。熱中性子炉では,核分裂によって発生した中性子を炉心に配置した減速材の原子核と何回も衝突させ中性子のエネルギーを低下させる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

減速材
げんそくざい

中性子の速度を遅くするために原子炉で使われる物質。ウラン235やプルトニウム239などの核燃料物質の核分裂反応は、そのほとんどが速度の遅い中性子でおこる。原子炉では、核分裂で発生する速度の速い中性子を、減速材の原子核に衝突させて運動エネルギーを失わさせ、速度を熱運動と同程度まで減速させることにより連鎖反応をおこしやすくする。減速材としては、1回の衝突による運動エネルギーの減少を大きくするため、中性子の質量に近い小さな質量数の物質で、中性子の吸収の少ないものがよい。一般に液体では、軽水(普通の水)、重水、固体では黒鉛、ベリリウムなどが使われる。軽水は中性子を減速させる能力がもっとも大きく、冷却材との兼用もできるので多く使われるが、中性子の吸収はやや大きい。重水は減速能力も大きく、中性子の吸収も軽水より小さいので、天然ウラン燃料の炉に利用されることが多い。黒鉛は比較的中性子の吸収が少ない物質で、ガス冷却炉に多く使われる。

[青柳長紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんそく‐ざい【減速材】
〘名〙 原子炉で、核分裂によって放出された高速中性子を熱中性子にまで減速させるための物質。軽水、重水、黒鉛、有機材、酸化ベリリウム、ナトリウムなどを用いる。〔現代の科学(1957)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

減速材
ゲンソクザイ
moderator

熱中性子炉では,燃料物質が核分裂すると高速中性子が飛び出すが,これを減速させて熱中性子にする必要があり,その目的を果たす材料をいう.熱中性子炉ではできるだけ減速能が大きく,中性子吸収の小さい減速材を必要とし,減速作用は軽い核の弾性散乱が利用される.減速材は,通常,燃料物質の近くにあり,重水,黒鉛,ベリリウムが使用され,濃縮ウランを使用する場合には軽水も使用される.重水や軽水は放射線によって分解されるので再結合させる必要がある.[別用語参照]熱中性子化

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減速材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

減速材の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation