@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

渡辺水巴【わたなべ すいは】

美術人名辞典

渡辺水巴
俳人。東京生。渡辺省亭の長男。名は義。内藤鳴雪高浜虚子に師事する。俳誌曲水』を創刊主宰した。昭和21年(1946)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

わたなべ‐すいは【渡辺水巴】
[1882~1946]俳人。東京の生まれ。本名、義。内藤鳴雪高浜虚子に学び、俳句雑誌「曲水」を創刊、主宰。句集水巴句帖」「隈笹」「白日」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

渡辺水巴 わたなべ-すいは
1882-1946 明治-昭和時代の俳人。
明治15年6月16日生まれ。日本画家渡辺省亭(せいてい)の長男。内藤鳴雪(めいせつ)の門人。のち高浜虚子(きょし)の教えをうけ,「ホトトギス」で活躍,大正3年には雑詠欄の代選をつとめた。明治39年「俳諧草紙」創刊。大正5年より「曲水」を主宰。昭和21年8月13日死去。65歳。東京出身。本名は義(よし)。句集に「白日」「富士」,随筆集に「路地の家」など。
【格言など】菊人形たましひのなき匂かな(「白日」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わたなべすいは【渡辺水巴】
1882‐1946(明治15‐昭和21)
俳人。本名は義(よし)。花鳥画大家,省亭(せいてい)(1851‐1918)の子として東京に生まれた。虚子が〈守旧派〉を標榜した大正はじめの《ホトトギス》で活躍,〈春寒く咳入る人形遣(つかい)かな〉(1913)のような江戸趣味的な情調に特色を発揮した。1916年には《曲水(きよくすい)》を創刊,主宰したが,18年の父の死をにして,その情調に心境陰影が加わった。27年,〈白日は我が霊(たま)なりし落葉かな〉を得た水巴は,〈静寂境に無遍の霊光を放ってゐるの白日の玲瓏さ,荘厳さ〉(《続水巴句帖》,1929)を,自分の生と俳句の理想とするようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渡辺水巴
わたなべすいは
[生]1882.6.16. 東京
[没]1946.8.13.
俳人。本名,義。父は画家省亭 (せいてい) 。日本中学中退後,1900年内藤鳴雪の門に入り,やがて高浜虚子に師事して飯田蛇笏村上鬼城原石鼎,前田普羅らとともに大正前期の『ホトトギス』派のにない手として活躍。 16年俳誌『曲水』を創刊主宰して,澄徹清雅な句境を開拓した。句集『水巴句集』 (1915) ,『白日』 (36) ,『新月』 (47) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

渡辺水巴
わたなべすいは
(1882―1946)
俳人。東京の生まれ。本名義(よし)。日本画家省亭の長男。日本中学中退。若くして内藤鳴雪(めいせつ)の門に入り、1906年(明治39)『俳諧(はいかい)草紙』を創刊、大正初め『ホトトギス』雑詠欄に村上鬼城(きじょう)、飯田蛇笏(だこつ)らと主要作者として活躍し、その作品は父の血脈を継いで江戸情調の流麗な唯美的色調に富むとの評価を得た。16年(大正5)『曲水(きょくすい)』を創刊して昭和俳壇の第一線に活躍を続け、没後『曲水』は妻桂子、次女恭子に受け継がれた。『水巴句集』(1915)、『白日』(1936)、『富士』(1943)などの句集のほか、随筆の著書も多い。[村山古郷]
 冬枯れて那須野(なすの)は雲の溜(たま)るところ
『『水巴句集』(1956・近藤書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わたなべ‐すいは【渡辺水巴】
俳人。本名義。東京出身。内藤鳴雪、高浜虚子に師事。大正初期、都会人特有の繊細瀟洒な句風で活躍。「曲水」を主宰し、「生命の俳句」を唱えた。句集「水巴句集」「白日」など。明治一五~昭和二一年(一八八二‐一九四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺水巴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渡辺水巴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation