@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

渥美清【あつみきよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渥美清
あつみきよし
[生]1928.3.10. 東京
[没]1996.8.4. 東京
映画俳優。本名,田所康雄 (たどころやすお) 。東京市下谷区車坂町 (現,上野7丁目) に生れる。中学卒業後,新派軽演劇の幕引きとなり,いくつもの劇団を渡り歩く。 1953年,浅草のストリップ劇場,フランス座に入る。当時のフランス座には,コメディアンの関敬六,谷幹一,八波むと志,佐山俊二,南利明らがおり,裏方には井上ひさしがいた。 54年結核で入院したが,56年に復帰し,61年,NHKの『夢であいましょう』『若い季節』,フジテレビの『大番』で人気を得る。 68年,山田洋次脚本によってフジテレビの連続ドラマ『男はつらいよ』に主演。翌 69年映画化され,「フーテン寅さん」役で国民的人気を集める。この『男はつらいよ』の映画シリーズは全 48作という,これまでにない長寿記録を達成した。 88年紫綬褒章を受章。没後国民栄誉賞が贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あつみ‐きよし【渥美清】
[1928~1996]映画俳優。東京の生まれ。本名、田所康雄。「男はつらいよ」シリーズ(全48作)の主人公、フーテンの寅(とら)こと車寅次郎役で人気を得、本人も作品も「寅さん」の愛称で呼ばれる。没後、国民栄誉賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

渥美清 あつみ-きよし
1928-1996 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和3年3月10日生まれ。昭和28年浅草フランス座にはいり,コメディアンとして活躍。36年NHK「夢であいましょう」に出演,37年フジテレビの「大番」主演でスターとなる。44年山田洋次監督の映画「男はつらいよ」の主人公フーテンの寅こと車寅次郎役で人気を得,同シリーズの第48作を最後に平成8年8月4日死去。68歳。国民栄誉賞。東京出身。巣鴨中学卒。本名は田所康雄。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あつみきよし【渥美清】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あつみきよし【渥美清】
1928~1996) 俳優。東京生まれ。本名、田所康雄。浅草の舞台コメディアンから映画界へ入る。「男はつらいよ」シリーズのフーテンの寅さん役で国民的人気を得る。出演作「拝啓天皇陛下様」「ブワナトシの歌」「八つ墓村」「キネマの天地」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

渥美清
あつみきよし
(1928―1996)
俳優。東京都生まれ。本名田所康雄。巣鴨中学(旧制)卒業後、数々の大衆演劇劇団を経て、1953年(昭和28)浅草のフランス座に入る。浅草軽演劇の黄金時代に、コメディアンの才を磨く。1954年肺結核で片肺を切除したが、3年後に復帰。1959年にテレビに進出。1962年フジテレビ『大番』の主役でお茶の間の人気を博す。1963年の松竹映画『拝啓天皇陛下様』が映画俳優としての出世作で、無知でひたむきな愛すべき庶民像を生き生きと演じた。1968年フジテレビの連続ドラマ『男(おとこ)はつらいよ』(山田洋次脚本)に主演、翌1969年に映画化され国民的人気俳優となった。映画『男はつらいよ』は1996年(平成8)の正月公開作品まで全48作というギネスブックにも登録される世界にも類のない長寿シリーズとなった。全国を渡り歩く主人公「フーテンの寅(とら)=車寅次郎」は、自身が少年時代に見かけたテキ屋の思い出をもとに山田洋次監督が作り出したキャラクターで、渥美清の代名詞ともなった。1969年キネマ旬報主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞、1982年ブルーリボン賞主演男優賞ほか数々の賞を受賞。1988年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。死後、国民栄誉賞が贈られた。平成8年8月4日没。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渥美清」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渥美清の関連情報

関連キーワード

誘導尋問島津保次郎斎藤寅次郎マキノ雅広清水宏五所平之助衣笠貞之助田坂具隆公孫瓚誘導尋問

他サービスで検索

「渥美清」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation