@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

渦巻【ウズマキ】

デジタル大辞泉

うず‐まき〔うづ‐〕【渦巻(き)】
渦を巻くこと。また、渦を巻いている水流や気体。
渦を巻いている形。また、渦を巻いている模様。
物事が激しくせめぎ合い、動いている状態。うず。「戦乱の渦巻き
[補説]書名別項。→うずまき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うずまき【渦巻】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うず‐まき うづ‥【渦巻】
〘名〙
① 渦を巻くこと。渦巻く水流。
※後撰(951‐953頃)雑三・一二三九「滝つせのうづまきごとにとめくれど猶尋ねくる世のうきめ哉〈よみ人しらず〉」
② 渦を巻いている模様や形。
※絵本(1930)〈永井龍男〉「様々な親指の腹の指紋のうづまきが」
③ 比喩的に、物事のめまぐるしい動き。また、わずらわしい現象。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉四八「其の混乱した戦争の巴渦(ウズマキ)の中」
④ 菓子の一種。小麦粉に鶏卵、砂糖をまぜて薄く焼き、餡を包み、巻いて輪切りにしたもの。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「いまさか渦巻(ウズマキ)かのこもち」
※談義本・八景聞取法問(1754)二「渦巻(ウヅマキ)をば亀蔵小紋〈略〉と名付けて」
⑥ 紋所の名。
⑦ 釣り用の毛針の一種。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うず‐ま・く うづ‥【渦巻】
〘自カ五(四)〙
① 水、煙などが渦を巻いて動く。
※拾遺(1005‐07頃か)雑上・四八九「河のせのうづまく見れば玉もかるちりみだれたるかはの舟かも〈柿本人麻呂〉」
② 大勢の人たちがもみあう。ひしめきあう。
※義経記(室町中か)五「その門弟とうずまいたらんずる隙を守(まぼ)りて、散々に射払ひて」
③ 渦のような形になる。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「髪は濃く、毛頭(けさき)渦巻(ウヅマ)く癖あり」
④ 比喩的に、感情などが激しく動く。
※日々の葬祭(1953)〈高橋和巳〉「陰険な抗争と嫉視が渦巻いている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渦巻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渦巻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation