@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

温州ミカン【うんしゅうみかん】

食の医学館

うんしゅうみかん【温州ミカン】

《栄養と働き》


 ふつうミカンといえば、温州(うんしゅう)ミカンをさしますが、原産は東南アジアで、遣唐使が中国の温州から持ち帰ったことから、この名がついたとか。江戸時代には、ミカン船で財をなした紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)の逸話も残されるなど、広く普及しました。現在の温州ミカンは、日本で改良された独特のもので日本の特産として知られ、冬の味覚を代表するくだものとなっています。
○栄養成分としての働き
 ミカンの特徴はビタミンCが豊富なことで、1日3~4個を食べれば、成人1日の所要量をとることができます。ビタミンCには抗酸化作用のほか、体の免疫機能を高める働きがあり、かぜやインフルエンザの予防にうってつけです。
 また、ミカンの色のもとであるβ(ベータ)―クリプトキサンチンにも抗酸化作用があることがわかっています。
 さらにミカンに含まれるフラボノイドテルペノイドなどが、発がん物質の活性化を阻害するばかりでなく、活性化した発がん物質を排出します。ミカンの袋には食物繊維のペクチンが多く、また袋や皮の内側についている白いすじには、ビタミンB・C、フラボノイドが含まれています。フラボノイドは毛細血管を強くして、高血圧や脳出血を防止するので、袋ごと食べれば、便秘(べんぴ)解消、生活習慣病予防になります。ミカンの酸味であるクエン酸が老廃物を体内に残さないようにするので、疲労回復に有効なのは、いうまでもありません。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

朝日新聞掲載「キーワード」

温州ミカン
日本でミカンと呼ばれるものの代表で、タネがなく、皮がむきやすいのが特徴。柑橘類(かんきつるい)の名産地である中国の「温州」にちなんだ名だが、実際には江戸時代に鹿児島県で突然変異して生まれたとのがある。 日本各地で明治時代中期以降に栽培が広がり、和歌山県の「有田(ありだ)みかん」、静岡県の「三ケ日(みっかび)みかん」などのブランドが有名。9月末の「極早生(ごくわせ)」から、で保存後の「蔵出し」の3月まで出荷が続く。全国の収穫量は、2014年度で約87万トン。
(2015-10-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

温州ミカン
うんしゅうみかん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温州ミカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

温州ミカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation