@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

温度【おんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

温度
おんど
temperature
物体の冷温の程度を示す尺度。触感に頼る主観的で不確実な冷温の程度を客観的に定めるため,物理学では物質の性質の的変化がまず利用された。 1607年 G.ガリレイによる空気温度計の発明に続いて,種々の温度計が考案されたが,当時の温度は温度計ごとに適宜に分割された目盛りで与えられていた。定点の温度を指定し,その間を分割した最初の温度目盛りは 1714年の G.D.ファーレンハイトによるカ氏温度目盛りである。カ氏温度 (°F) では水の融点 32°F,沸点 212°Fで,この間が 180等分されていたが,30年 R.レオミュールは 80等分した目盛りを提案した。次いで 42年 A.セルシウスはこの間を 100等分し,氷点を0度とするセ氏温度目盛りを提案した。これが現在も広く慣用されているセ氏温度 (℃) である。その後,気体の研究によってその熱膨張の割合が気体の種類に関係なくほぼ一定であることが明らかとなり,-273℃を0度としてセ氏温度目盛りで与えられる絶対温度が導入された。 1848年ケルビン卿は熱力学の理論に従えば,熱膨張などの物質の性質に関係なく,熱力学的に温度目盛りが定められることを示し,熱力学的な絶対温度を提案した。この提案に従ったのが国際単位系SIの温度単位ケルビン (K) であり,その目盛りを協約により精密に定めたのが国際温度目盛りである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん‐ど〔ヲン‐〕【温度】
物体のあたたかさ・冷たさを示す尺度。熱力学的には物体中の分子原子の平均運動エネルギーに比例したを示す。普通の温度計ではセ氏温度カ氏温度による目盛りがつけられ、熱力学では絶対温度が用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

温度
 物体の暖かさ,冷たさの度合いを示す

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんど【温度 temperature】
温度とは熱い冷たいの度合であり,物理的には巨視的な物体の熱平衡状態を特徴づける量である。二つの物体を接触させると,熱は温度の高いほうの物体から低いほうに移り,最終的には両者の温度は等しくなる。
[温度概念形成
 温度の概念は人間が皮膚で感ずる熱い,冷たいという感覚に由来する。すでにギリシア時代から熱さ,冷たさの度合をそれぞれ数個の段階で表すことが医学で行われていたが,連続的な量として考えるようになったのは近世になってからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんど【温度】
暖かさ冷たさの度合を示す数値。物理的には熱平衡を特徴づけ、熱の移動する傾向を表す量。微視的には、系を構成する粒子のもつエネルギーの分布を決め、その平均値の目安となる量。 → 絶対温度

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

温度
おんど
物体の寒暖の度合いを数量的に表すもの。気温、水温、体温というように、温度はわれわれの日常生活と密接に関係している量である。物理学的には物体間で熱のやりとりをする際に重要な役割を果たす熱平衡状態を指定するパラメーターの一つである。[宮下精二]

温度の決め方

異なる温度をもつ状態の間には、熱の流れが生じて同じ温度になろうとする性質(熱力学の第二法則)がある。熱平衡状態では同じ温度になり、エネルギーのやりとりがつり合った状態になる。この性質を利用して、アルコールや水銀などの体積によって温度を定量化する温度計が可能となる。また、ボイル‐シャルルの法則を利用して気体の圧力P、体積Vを用いて

として決めるのが、気体温度計である。ここで、nは粒子数をモル数で表したもの、Rは気体定数である。実際、理想気体に近い気体を用いて、氷の溶ける温度を0℃、1気圧の大気中で水が沸騰する温度を100℃として、目盛りを決めたのが摂氏温度である。この決め方では、気体の体積がゼロになる温度は-273℃(正確には-273.15℃)となり、これを絶対零度という。また、絶対零度を基準として℃と同じ間隔で温度を目盛ったものを絶対温度目盛りという。現在では単にKの記号を使う。たとえば、0℃を絶対温度で表すと273Kとなる。異なる目盛りの取り方として、氷の溶ける温度を32度、水の沸騰する温度を212度とし、その間を180等分して1度とするのが華氏(かし)温度である。
 温度の定義で用いられた理想気体の内部エネルギーは

と表される。ここでNは粒子数、kBはそれぞれボルツマン定数である。アボガドロ数をNAとするとR=NAkBである。理想気体の内部エネルギーは個々の粒子の運動エネルギーの和であるため、この関係から、

であることがわかる。このことから、温度は分子運動の激しさを表す量とみなすことができる。
 温度の同定は必ずしも気体の体積によるものではなく、電気伝導度などによってもできるので、さまざまな温度計が可能となる。いわゆるデジタル温度計は電気的な性質を用いている。また、物質の色の変化を用いた温度計もある。[宮下精二]

温度変化と物質の状態、性質

温度が上がると物体の内部エネルギーは上昇し、体積などが変化する。さらに、氷、水、水蒸気のように同じ物体でも温度によって巨視的な形態が変わることがあり、相転移とよばれる。上で述べた温度の目盛りを決める際にもこの相転移が起こる性質を用いた。しかし、実際に相転移点は圧力によって変わるため、正確な定義には氷、水、水蒸気が共存する三重点が用いられる。さらに、温度を上げ数万度になると分子は分解し、プラズマ化する。原子核が分解するにはさらに高い温度が必要となる。加速器では高速の粒子を衝突させ、非常に高い温度を実現し、物質の構造のより詳しい情報を得ようとしている。ただし、そのような場合は熱平衡状態の温度というより、平均運動エネルギーをp2/2m=1/2kBTで換算した値というべきである。また、宇宙の始まりのビッグ・バンは非常に高い温度から出発し、膨張によって諸物質が生成されたとされ、現在の温度は3Kであるとされる(2012年時点)。この温度は、宇宙からの放射のスペクトルから決められたものである(「宇宙背景放射」「プランクの放射公式」の項参照)。
 電気抵抗も温度によって変化する。電気伝導を担う金属内の電子は格子の熱振動で妨げられるため、温度が上がると電気抵抗は大きくなる。しかし、半導体とよばれる物質では、温度が高くなると電気伝導を担う電子や正孔の数が増え、電流が流れやすくなる。また、超伝導とよばれる現象は電子の運動に関する量子力学的な相転移である。[宮下精二]

温度と生物

温度は生物の各種の生理作用に影響を及ぼす。生体内の化学反応や生理作用が、温度によってどれだけ変わるかを示すのに温度係数が使われる。たとえば、ジャガイモの葉の同化作用は5℃近傍では、温度が1℃上がるたびに1.27倍になる。この1.27という数値がこの場合の温度係数である。一般に、化学反応の反応速度は、物質の濃度が同じであれば、温度が10℃上昇すると2~3倍になる。この倍数も温度係数とよばれる。
 われわれが実際に感覚する温度は、かならずしも物理的な温度と一致しない。気温が同じ30℃であっても、風があるかないか、湿度が高いか低いかなどによって温度の感じ方が異なってくる。とくに湿度が高いと蒸し暑く感じるが、このような感覚を表す量としてよく不快指数が用いられる。[阿部龍蔵・宮下精二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐ど ヲン‥【温度】
〘名〙 冷温の度合を表わす語。また、その度合。温度の高低を測る尺度に摂氏、華氏、絶対温度などがある。欧米では日常生活には華氏目盛が、科学用には摂氏目盛が用いられているが、日本では摂氏目盛のみが用いられる。
※舎密開宗(1837‐47)初「同く気温六十度の室に置けば漸く皆同一の温度と為るなり」
[語誌]「舎密開宗」には、「温度」のほか「熱度」も使用された。明治三〇年代まで、「温度」も「熱度」も共に気温など熱さの値を表わす語として用いられていたが、その後、「温度」が一般的な表現となり、「熱度」は体温など限られた意味にしか使用されなくなった。→熱度

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

温度
オンド
temperature

温度はもともと人間が感じる寒暖の度合を示すことばであるが,物理的には物体の熱的平衡状態を特徴づける量として定義される.A,B二つの物体が接触しているとき,AからBへ,あるいはBからAへ熱が流れないとき,二つの物体は等しい温度にあるという.AからBへ熱が流れるときは,AはBより温度が高いという.温度の高低を数量的に表すために,温度目盛が定められている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

温度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation