@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

温経湯【うんけいとう】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

うんけいとう【温経湯】
漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)半夏(はんげ)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)芍薬(しゃくやく)人参(にんじん)桂皮(けいひ)阿膠(あきょう)牡丹皮(ぼたんぴ)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)呉茱萸(ごしゅゆ)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。月経不順月経過多月経困難こしけ更年期障害神経症不眠しもやけ足腰の冷え湿疹(しっしん)などに用い、唇が渇く、手や足がほてるといった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。虚弱体質冷え症の人がおもな対象。妊娠している女性への安全性については意見が分かれている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

温経湯(うんけいとう)
漢方薬のひとつ。婦人病冷え性などの症状に処方される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版

温経湯

(小太郎漢方製薬、ツムラ)


 月経不順月経困難更年期障害湿疹しっしんしもやけなどの治療薬で、手のひらのほてり、唇の乾燥、下腹部の冷えや痛みといった症状のある、体質が虚弱な人に用います。


①妊婦、現在妊娠する可能性のある人、ほかに薬を服用している人は、あらかじめ医師に報告してください。


②過敏症状(発疹ほっしんやかゆみなど)が現れたら、服用を止め、医師に報告してください。


③指示された期間服用しても症状が改善しないときは、医師に報告してください。


④長期間服用しているときに、血圧の上昇、むくみ、体重増加、脱力感、手足のけいれんや麻痺まひなどの異常を感じたら、服用を中止し、すぐ医師に報告してください。

出典:病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温経湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

温経湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation