@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

測定誤差【そくていごさ】

世界大百科事典 第2版

そくていごさ【測定誤差 error of measurement】
測定の目的は測定量の真の値を求めることであるが,得られる測定値にはいくらかの誤差が含まれることは避けられない。このように測定に際して測定値に入りこむ誤差を測定誤差と呼び,測定値から真の値を引いた値と定義する。測定誤差の原因は次の4通りに大別される。(1)測定の理論,原理の不完全さ 例えば気体の温度を状態方程式を用いて求めるときの状態方程式自身の不確かさ,(2)測定器の不完全さ 例えばセンサーヒステリシスや機器の目盛間隔のふぞろいなど,(3)測定条件の変動 例えば周囲温度,湿度気圧,電源電圧の変化の影響など,(4)測定者の能力の違い 例えば目盛の読取りや測定器の取扱い方の個人差など。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

測定誤差」の用語解説はコトバンクが提供しています。

測定誤差の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation