@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

測距儀【そっきょぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

測距儀
そっきょぎ
range finder
光学的な距離測定用の器械。2つの対物鏡の間の間隔と,その視差角度を知って,目標点までの離を算定する。カメラなどについているものは距離計と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そっきょ‐ぎ〔ソクキヨ‐〕【測距儀】
目標までの距離を測る装置。長さのわかっている基線両端と目標とのなす角度を利用して測る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そくきょ‐ぎ【測距儀】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そっきょぎ【測距儀 distance measuring instrument】
測距儀は距離計の一種で,主として測量に用いる。対象点の方向と基線とから三角法で求める光学的なもの,電波または光を送り,反射して戻ってくるまでの時間を測定して距離を求める電磁的なものなどがある。後者のうち電波を用いるものを電波測距儀といい,光を用いるものを光波測距儀,これらを総称して電磁波測距儀という。電波測距儀は第2次世界大戦中,軍事用の電波探知器またはレーダーとして開発された。レーダーは長方形波を送るもので,パルスとして送るものがパルスレーダーである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

測距儀
そっきょぎ

対象物までの距離を光学的方法によって測定する器械で、おもに土地や建造物を測定するものをさす。従来は三角測量の原理を用いるもの(距離計)が主であったが、1990年代に入り、対象地点に置いた反射鏡までレーザー光線を往復させ光が往復する時間から距離を精密に測定する装置が開発され、レーザー測距儀とよばれている。

[三井清人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そっきょ‐ぎ ソクキョ‥【測距儀】
〘名〙 ある目標までの距離を測定するのに用いる装置。左右の固定位置からの視角度の差を測定して三角法によって距離を知る。測遠器。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そくきょ‐ぎ【測距儀】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

測距儀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

測距儀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation