@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

港則法【こうそくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

港則法
こうそくほう
昭和 23年法律 174号。内における船舶交通の安全および港内の整頓をはかることを目的とする法律。この法律の適用される港とその区域は法定されている。入出港および停泊,航路および航法,危険物,水路保全灯火などについて定める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうそくほう【港則法】
港内における船舶交通の安全と整頓を図ることを目的として制定された法律(1948公布)。本法制定以前に存在した旧開港港則(1898年公布の勅令)が,開港のみを対象とし,また関税や検疫事務に関する規定を含んでいたのに対して,本法は,その内容を交通警察的見地からの規定に純化するとともに,その適用対象を開港以外の港も含め港一般に拡張した。適用対象となる港およびその区域は政令(港則法施行令)によって定められることとされており,1997年現在その数は500余港となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

港則法
こうそくほう
港内における船舶交通の安全および港内の整とんを図ることを目的とした法律。昭和23年法律第174号。入出港の届出や停泊区域、航路および航法、危険物を積んだ船舶、水路の保全、船灯および信号などについて規定している。この法律の適用を受ける港およびその区域は、政令で定められている。港の区域は、かつて港域といっていたが、その具体的な区域は、港則法施行令で定め、港の区域内における船舶の交通等に関し、特別の行政的監督を通じて、港内の安全と整とんを図っている。[戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

港則法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

港則法の関連情報

関連キーワード

冒頓単于冒頓単于冒頓単于争点証拠整理手続わいせつ罪テルピネン公然わいせつ罪前田健太タウンミーティング佐賀市の中心市街地

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation