@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

港湾【こうわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

港湾
こうわん
harbour; port
船舶停泊,荷の積み降ろし,乗客の乗降などのために,風や波や潮流を遮蔽した水域。人間が舟で海へ出るようになって以来,湾は文明に大きな役割を果たしてきた。地中海に発展したフェニキア人(→フェニキア)は海上交通に通じ,前13世紀にサイダ(シドン)とテュロス(ティルス)に港湾を築き,貿易活動は当時の全世界に及んでいた。中世のベネチアジェノバが地中海貿易の覇を競ったように,大都市は海路を開発する能力に応じて力を得てきた。当時の港湾の多くは自然の地形をいかした天然港湾で,1800年代半ばまでほとんど進歩はみられなかった。初期のは小型であったので,どこでも天然の港湾で十分役割を果たしていたからである。やがて産業革命とともに貿易と商業が盛んになり,船舶の大型化に伴い港湾も人工的に広さと深さとを拡張する必要が生じてきた。これを天然港湾に対して人工港湾と呼ぶ。こうした意味では今日の港湾のほとんどは人工港湾といえる。現代は,遊覧船の集う小さな囲い港から数千エーカーを有する港湾までさまざまな規模の港湾が存在する。
港湾の機能で重要なのは,遮蔽水域の広さである。ニューヨークサンフランシスコの港湾は,狭い海峡陸地が風や波の理想的な天然の防壁となっているが,多くの港湾は波や風が容赦なく侵入する開口面をもつ。このような港湾では防波堤がつくられている。インドのチェンナイ(マドラス)のように海辺の開けた場所にある港湾の防波堤は,激しい波浪によって大きな被害を受けることが多く,しばしば修理が必要となる。港湾のもう一つの重要な基準に,水深がある。現代の大型船舶は特別な航路水路を要し,30m以上の水深が必要なものもある。天然港湾ではそれほどの水深はまれであり,定期的な海底浚渫が必要となる。
港湾の設備の大半は荷の積み降ろし用で,用途によりさまざまな形態がある。たとえば外国貿易に使われるような港湾では,大型埠頭,倉庫,荷役機械航路標識,通関,検疫事務所,道路や鉄道網などが必要である。このような大規模停泊港には船荷用桟橋が連なり,諸設備と連結されている。ニューヨーク港の海岸線延長は 770km以上であるが,岸壁延長を加えるとさらに 240km長くなる。昔ながらの埠頭に加え大型タンカーから石油を大量に移送する設備を備えた港湾は,定期的な浚渫によって航路水深が維持されている。この大量積み降ろしのスペースは沖に設定されるが,設備としては送油管を運ぶ軽量桟橋があればよい。ほかによく見られる設備にドックがある。
日本は屈曲に富む海外線をもつため,各所に多数の港湾が存在している。国内の港湾は港湾法漁港漁場整備法によって分類されており,経営形態には私営と公営がある。第2次世界大戦後は重工業への転換とともに臨海工業地帯の造成,掘込港の建設などを中心に港湾開発が進められてきた。天然の地形を利用した港湾としては長崎港,舞鶴港があり,人工港湾としては横浜港神戸港大阪港がある。苫小牧港,田子ノ浦港(静岡県),鹿島港などの掘込港湾は,完全な人工港湾といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐わん〔カウ‐〕【港湾】
自然の地形または人工構造物により、外海と隔てられた水域。船舶の発着や停泊、貨客の積み降ろしなどの設備がある。みなと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうわん【港湾 harbor】
船を安全に出入り,停泊させ人や貨物などの水陸輸送の転換を行う機能をもつ沿岸域空間。日本では古来(つ),(みなと),(とまり)などと称していた。これらの語に代わって新たに港湾ということばがつくられ用いられるようになったのは明治になってからである。厳密にいえば,港湾とは港湾法の適用を受けるもののみを指し,漁港法の適用を受ける漁港とは区別されている。港湾という語句はいわば法的な用語であるが,慣用的には港湾と漁港を併せて港(みなと)と呼ぶことが多く,したがって港湾は港の概念に含まれているといえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうわん【港湾】
外海からの風浪をさえぎり、船舶が安全に発着または停泊できるような陸地に入り込んだ海域。また、人工的にそのように作った所。一般に貨客の積みおろし、商品の貯蔵、水陸の連絡などの設備を有する。みなと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

港湾
こうわん
port and harbo(u)r
人為的につくられた港の施設と、陸域・水域を含めた港の領域とを一体として総称する。港湾の開発、利用および管理は港湾管理者が行い、洋の東西を問わず地方自治体、管理組合、港務局などが管理者となっている。日本の港湾は1950年(昭和25)に制定された港湾法に基づいて運用されている。[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐わん カウ‥【港湾】
〘名〙 海が陸地に入りこんだところ。また、人工的にそのようにつくられたところ。船の出入、停泊、客の乗降、貨物のあげおろしなどの設備のある水域をさしていう。みなと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「山巒海に迫り、大洋外より浸し、良港湾に乏し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

港湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

港湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation