@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

港町【みなとまち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

港町
みなとまち
海岸,湖岸,河岸の中心交通や物産の集散地として栄えた。古代における大輪田泊 (おおわだのとまり) は有名であるが,港町は中世に入って大いに発達した。瀬戸内海沿岸では兵庫,神崎,尼崎があり,近畿地方では淀,大津,坂本が,越前では敦賀,三国湊が代表的な港町であった。各地の港町には荘園からの年貢米,運上物の集散のため問,問丸が発達し,倉庫も建てられた。中世後期では,泉州が有名であり,納屋衆の支配する自治都市としてヨーロッパにも存在が知られた。近世には,各地の特産物を生産する産業が藩営,民営を問わず興隆し,それらの物資輸送の役割を果す港町は諸藩でも特に重視した。港湾施設の充実とともに新しく商人を招き廻船業務を担当させた。江戸幕府でも,国内の重要な港町を直轄領として各港町に奉行をおき,港町行政を行わせた。直轄港町のなかでも,長崎は寛永年間 (1624~44) 以降国際貿易都市として栄え,オランダ,中国との貿易のみならず,異国文化を摂取する窓口としても特異な存在であった。明治維新後,物資運航が蒸気船に変更されたため,各港町は水深が浅くて使用に耐えず,鉄道の発達その他の理由も重なって次第に衰えていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなと‐まち【港町】
港を中心として発達した町。港のある町。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みなとまち【港町】
〈みなと〉とは元来〈水の門〉の意で,瀬戸あるいは川口を指す。日本では港町といえば城下町門前町宿場町市場町と並んで近代以前の歴史的都市分類に包含され,現代の港湾都市と区別されることもあるが,両者は同義語である。港というのは船舶が容易に出入し安全に停泊して,旅客乗客乗降往来,ならびに物資の積卸や取引などが迅速にかつ危険なくできるように設備を整備した場所である。この機能を維持するために防波堤や停泊埠頭などの港湾施設や関連する付属機関施設が設けられ,さらにそれらの関連産業人口が集中して都市的集落が形成されることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなとまち【港町】
港が中心となって交通や商業活動が行われている町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

港町
みなとまち

港湾設備をもち、流通機能を果たす水陸交通の拠点集落をいう。古代日本の律令(りつりょう)制下では、内外交易の拠点として難波(なにわ)・博多(はかた)の両津を定めて、官営の交易を行っていた。地方の国府は、中央との連絡に便利な水陸交通の要地を選んで設けられ、その外港として国府津(こうづ)(国津(こづ))をもつものがあった。荘園(しょうえん)が発達すると、それから納められる貢租は水路によって輸送されることが多く、鎌倉時代に入ると荘官級名主(みょうしゅ)層が問丸(といまる)となって輸送を管理していた。北陸の小浜(おばま)や瀬戸内海の尾道(おのみち)・兵庫などは全国的な水路の輸送基地として知られた。近世に建設された城下町には直属港湾がつくられて全国的な軍役体制がつくられていた。また当時南蛮貿易をはじめとして外国との交易が行われ、内政策のため蔵入地(くらいりち)を設けて中央への廻米(かいまい)納入を強制したりしたので、港町は大きく発展した。近世初頭から全国の諸平野で新田開発が進められると、三角州や扇状地平野を流れる川々の沿岸には、諸藩の貢米や日用貨物の輸送基地として藩倉や河岸(かし)が設けられて内陸の港町(蔵(くら)町)が発達していった。やがて幕末には開港を契機として横浜、函館(はこだて)その他の大資本を投入した近代的大港湾都市が形成されることになるのである。

[浅香幸雄]

『浅香幸雄著『中世の集落・近世の都市』(『新地理講座 第7巻』所収・1953・朝倉書店)』『豊田武・児玉幸多編『流通史1』(『体系日本史叢書13』1969・山川出版社)』『豊田武・児玉幸多編『交通史』(『体系日本史叢書24』1970・山川出版社)』『高瀬保著『加賀藩海運史の研究』(1979・雄山閣出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなと‐まち【港町】
〘名〙 港のある町。港によって発展した町。
※一握の砂(1910)〈石川啄木〉手套を脱ぐ時「港町(ミナトマチ) とろろと鳴きて輪を描く鳶を圧せる 潮ぐもりかな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

港町
みなとまち
主として中世以降,港を中心として発達した町
古代より対外交通や貢租(のちには荘園年貢)輸送の要港はあったが,商品流通の増大した鎌倉末期以降に,市・問丸 (といまる) の発生,商工人・船頭・人夫などの定住をみて,都市的発展をした。堺など自治を得た自由都市も出現。江戸時代,東廻り・西廻り航路の開発などで各地に現れた。博多・堺・兵庫・尾道桑名・敦賀・小浜酒田などが有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

港町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

港町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation