@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湊川【みなとがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湊川
みなとがわ
兵庫県神戸市,六甲山地に発する石井川と天王谷川が石井で合流し,かつて市街中央を貫流していた下流に広い三角州をつくり神戸港に注いでいたが,1901年神戸港の埋没防止のため河道の瀬替えを行い,新湊川を開いた。その際川は埋立てられ,湊川公園や新開地,重工業地区となった。付近楠木正成湊川の戦いで知られ,ゆかり湊川神社がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなと‐がわ〔‐がは〕【湊川】
神戸市の六甲山に源を発し、南流して兵庫区・中央区の境辺りで大阪湾に注いでいた川。明治時代に河道が変えられ、新湊川として長田区苅藻島の西で海に注ぐ。長さ12キロ。旧河道は新開地となった。
神戸市中央区の湊川神社付近の地。湊川の戦い古戦場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みなとがわ【湊川】
兵庫県神戸市背後の六甲山地にを発し,神戸市街地の中央を貫通していた川。典型的な天井川で,市街を分断したうえしばしばはんらんを起こすので1901年に河道の付替えが行われた。新河道は会下(えげ)山をトンネル西方に抜けて苅藻(かるも)川に合流し,新湊川(長さ12km)と呼ばれるようになった。旧河道の一部は埋立てられて公園となり,一部は払い下げられて第2次大戦まで神戸最大の繁華街であった新開地となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

湊川
みなとがわ

神戸市中心部を南流する川。延長12キロメートル。六甲(ろっこう)山地に発する天王谷(てんおうだに)川と石井川が合流して市街地を流れ、長田区苅藻島(かるもじま)町付近で大阪湾に注ぐ。かつては兵庫港と神戸港間で海に注いでいたが、しばしば氾濫(はんらん)をおこし海岸に土砂を堆積(たいせき)したので、1901年(明治34)上流の洗心橋(兵庫区湊川町)付近から西方に河道を付け替え、会下(えげ)山下はトンネルで水を導き、苅藻川に合流させ新湊川とした。2000年(平成12)会下山トンネルに替わる新湊川トンネルが完成している。旧河道は埋め立てられ「新開地」とよばれる歓楽街となり、明治末から昭和初めまで神戸第一の繁華街となった。なお、新開地の東方に湊川神社があり、一帯は1336年(延元1・建武3)楠木正成(くすのきまさしげ)らが足利(あしかが)軍と戦った湊川の戦いの地である。

[藤岡ひろ子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなと‐がわ ‥がは【湊川】
神戸市の中心部を流れる川。六甲山地に発し、天井川となって兵庫区と中央区の間を流れて大阪湾に注いでいたが、明治三四年(一九〇一)洪水防止のため長田区寄りに流路を付け替えられた。現在のものを新湊川と呼ぶ。旧湊川の付近は建武三年(一三三六)楠木正成と足利尊氏が戦った湊川の戦いの古戦場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湊川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湊川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation