@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湖成層【こせいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湖成層
こせいそう
lacustrine sediment; lake sediment
湖底の堆積物素因とする地層。薄い葉理がみられることがあり,一般に岩相だけでは海成層と区別しがたいが,淡水生貝,ケイ藻などの化石によって湖成層と判断される。植物化石を多産するのも湖成層の特徴といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湖成層
こせいそう
湖で堆積(たいせき)した地層。気候、周辺の植生、流入する砕屑(さいせつ)物の性質によってさまざまな堆積物からなる。閉塞(へいそく)された水域のため気候の影響を受けやすく、堆積時の気候的特徴が記録されている場合が多い。季節変化の明瞭(めいりょう)な地域では、1対の葉理が1年の季節変化を示す縞状(しまじょう)堆積物が発達することがあり、年縞(ねんこう)とよばれる。とくに氷河湖底のものは氷縞粘土とよばれる。乾燥地域では湖水の蒸発により石膏(せっこう)や岩塩などの蒸発岩が形成される。[小松原純子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖成層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湖成層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation