@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湯ノ小屋温泉【ゆノこやおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湯ノ小屋温泉
ゆノこやおんせん
群馬県北部のみなかみ町にある温泉水上温泉郷最奥にあたる。利根川源流に近い湯ノ小屋沢川沿いと洞元湖に面して数軒の旅館がある。泉質は単純泉。泉温は 40~85℃。神経痛や胃腸病にきくといわれる。平家落人集落といわれる藤原地区にあり,奥利根観光の拠点として多くの観光客が訪れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

湯ノ小屋温泉
群馬県利根郡みなかみ町、利根川上流のダム湖、洞元湖の東にある温泉。新潟県と福島県の県境で県最北部に位置する。奥州藤原氏落人伝説が残る。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯ノ小屋温泉
ゆのこやおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町にある温泉。利根川上流の人造湖洞元湖(どうげんこ)の東方に位置し、尾瀬の鳩待(はとまち)峠に行く通路にあたり、尾瀬奥利根林道が通じる。原始林に囲まれた静かな環境で、昔は木こりのいで湯であった。泉質は単純温泉。JR上越新幹線上毛高原駅、上越線水上駅からバスの便がある。

[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯ノ小屋温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯ノ小屋温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation