@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湯桶【ユオケ】

デジタル大辞泉

ゆ‐おけ〔‐をけ〕【湯×桶】
入浴の際に用いる、湯を入れる桶。
茶道具の一種寒中露地蹲踞(つくばい)にを入れて出す

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐とう【湯×桶】
湯茶を入れる木製でつぎ口と(え)があり、多くは漆塗り。そば屋そば湯を入れて用いたりする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ゆとう【湯桶】
注ぎ口と柄のついた、湯を入れて客に供するのに用いる器。そば店などでそば湯を出すとき、または懐石で最後に練り湯を出すときに用い、練り湯自体をもさす。器には角形と丸形のものがあり、木製で漆塗りのものが一般的だが、懐石では夏期には金属製のものを用いることもある。懐石用のものには同じ素材でできた「湯の子すくい」という杓子(しゃくし)が添えられ、練り湯に入っている湯の子飯椀にとるのに用いる。◇そば湯用のものは「湯筒」、懐石用のものは「湯斗」とも書く。「湯次(ゆつぎ)」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆとう【湯桶】
食後に飲む湯を入れる容器。〈湯筒〉とも書き,〈湯次(ゆつぎ)〉と呼ぶこともある。現在ではふつう,そば屋でそば湯を入れるのに用いる注ぎ口と柄のついた漆器をいうが,根来(ねごろ)の伝世品などでは弦状の取っ手をつけたものが多い。室町時代には贈答用の酒を入れることも多く,江戸時代になると葬式のあとなどに湯桶に酒を入れてふるまうのを〈湯桶酒(ゆとうざけ)〉と呼ぶこともあった。〈ゆとう〉は上の字を,下の字を音で読むもので,こうした読み方を湯桶読みといい,上を音,下を訓で読む重箱読みとともに,〈儒者などは甚笑う事なり〉と伊勢貞丈は書いている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆおけ【湯桶】
入浴のときなどに用いる湯を入れる桶。
茶席で寒中に湯を入れて露地の蹲つくばいに出す桶。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆとう【湯桶】
湯を入れるのに用いる木製の器。桶おけの形をして、注ぎ口と柄があり、普通は漆塗り。そば屋などで、そば湯を入れて供するのに用いる。ゆつぎ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

ゆとう【湯桶】
注ぎ口と柄のついた、湯を入れて客に供するのに用いる器。そば店などでそば湯を出すとき、または懐石で最後に練り湯を出すときに用い、練り湯自体をもさす。器には角形と丸形のものがあり、木製で漆塗りのものが一般的だが、懐石では夏期には金属製のものを用いることもある。懐石用のものには同じ素材でできた「湯の子すくい」という杓子(しゃくし)が添えられ、練り湯に入っている湯の子を飯椀にとるのに用いる。◇そば湯用のものは「湯筒」、懐石用のものは「湯斗」とも書く。「湯次(ゆつぎ)」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯桶
ゆとう

茶懐石で、食後に出される焦げ湯を入れる器、あるいはそば湯入れをいう。湯次(ゆつぎ)ともいう。多くは漆製で、注ぎ口と把がついている。形は丸形と角形がある。茶懐石では、炒(い)り米を湯といっしょに湯桶に入れ、香ばしい香りと湯の甘味を味わう。また、この焦げ湯自体も湯桶という。

 そば湯入れとしての場合は、そばをゆでたそば湯を湯桶に入れて出し、そばを食べ終わったら、つけ汁の中にそば湯を注いで飲む。湯桶の材質は、漆製のほか、金属や瀬戸物などのものもある。

[河野友美・大滝 緑]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆ‐おけ ‥をけ【湯桶】
〘名〙
① ゆあみに用いる湯を入れる桶。入浴用の桶。湯ぶね。浴槽(よくそう)。また、入浴時に用いる、湯を入れる小さな桶。
※宇治拾遺(1221頃)三「その湯舟に、ゆ桶をしたにとり入れて」
② 飲用の湯を入れる桶。ゆとう。
※歌舞伎・天衣紛上野初花(河内山)(1881)六幕「下手に蕎麦釜の土竈、二重に膳丼湯桶(ユヲケ)などを置き、総て入谷村蕎麦屋の体」
③ 茶道具の一つ。寒中、露地の蹲踞(つくばい)に湯を入れて出す、割り蓋つきの桶。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯桶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯桶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation