@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湯殿【ユドノ】

デジタル大辞泉

ゆ‐どの【湯殿】
入浴するための部屋。浴室。風呂場。
入浴すること。
「御―すべき時もなりぬれば」〈宇津保・蔵開上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆどの【湯殿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆどの【湯殿】
入浴するためにこしらえた部屋。風呂場。浴室。
入浴すること。 御-、春宮の若宮の御迎湯に参り給ひし/宇津保 蔵開上
入浴に奉仕する役。 御-は宰相の君/紫式部日記
貴族の邸宅で、湯などをわかし、食膳などの器具を置く所。 雉・松茸などは、御-の上にかかりたるも苦しからず/徒然 118

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯殿
ゆどの
(1)沐浴(もくよく)には、湯気を出して発汗させる蒸し風呂(ぶろ)形式と、湯を浴びたり湯槽に身体を浸す行水形式のものがあるが、湯殿は後者に入る。入浴するために設けた部屋で、その構造は板敷きで、溝をつくり排水をよくしてある。湯槽が置かれ、別のところで沸かした湯を運び込んで行水する。(2)宮中で天皇が湯浴(ゆあ)みをするところを御(お)湯殿というが、このことばは浴室だけのことでなく、飲用の湯そのほか諸事に使用する湯を沸かしておく座敷も含まれる。湯浴みのための湯もここから持ち運んだ。浴室と区別するため、この座敷をとくに御湯殿上(おゆどののうえ)とよぶことがある。ここには食物などを置くこともあり、また御硯(すずり)、御火鉢、御茶湯棚などにりっぱな調度が整えられてあったともいう。[稲垣史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆ‐どの【湯殿】
[1] 〘名〙
① 浴場。風呂場。浴室。おゆどの。
※発心集(1216頃か)八「かの北の方湯殿(ユドノ)におりたりける時」
② 入浴すること。湯あみすること。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「御ほそのを切りて、ゆ殿参る」
③ 貴人の入浴の時、そば近くにいて奉仕すること。また、その役の女性。おゆどの。
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「今更むかしを思ひいだして、人にこそゆどのさせつれ、人のゆどのをばいかがするやらんと思へども」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation