@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湯浅党【ゆあさとう】

世界大百科事典 第2版

ゆあさとう【湯浅党】
中世紀伊国の武士団。本領の湯浅荘に拠る惣領家を中心に,得田,糸我(いとが),石垣,保田,阿氐河(あてがわ)氏などの庶子家,および婚姻関係で結ばれた〈他門〉の諸氏からなっている。湯浅氏の確実なは権守(ごんのかみ)を称した藤原宗重で,彼は平治の乱(1159)に際し,熊野詣で途上にあった平清盛をたすけて帰洛(きらく)をうながし,平氏の勝利に重要な役割をはたした。それ以降,平氏の有力な家人(けにん)となり,しばしば上洛して貴族や上皇と交渉をもち,僧兵の鎮圧などに活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯浅党
ゆあさとう

平安中期以降、湯浅一族を中核として成長してきた武士団。御家人(ごけにん)役を勤めるために在京する順番を、正月から翌年2月まで、17番に分けて定めた1289年(正応2)の「湯浅入道宗重跡本在京結番注文(ゆあさにゅうどうむねしげあとほんざいきょうけちばんちゅうもん)」によれば、一族の所領として湯浅、田殿(たどの)、田仲(たなか)、糸我(いとが)、石垣、宮原、芳養(はや)、浜仲、保田(やすだ)、阿氐河(あてがわ)、木本(きのもと)、藤並(ふじなみ)、六十谷(むそだに)などの諸荘(しょう)がみえ、その勢力範囲は紀伊国在田(ありだ)郡(和歌山県有田(ありだ)郡)一帯に広がる大規模なものであった。また党は、湯浅一族の湯浅、保田、石垣、阿氐川、糸我、得田(とくだ)、崎山(さきやま)の各氏に加え、「他門」と称される田中、宮原、六十谷、木本、藤並などの諸氏によって構成されていた。なかでも宗重の嫡男宗景(むねかげ)の系統(湯浅氏)と、阿氐河、保田、田殿、石垣などの荘園の地頭(じとう)となった宗光(むねみつ)の系統(保田氏)とが有力で、党結合の中軸をなしていた。しかし鎌倉時代後半期には各家々が独立性を強め、党結合は解体の方向へと向かう。

[酒井紀美]

『安田元久著『武士団』(1964・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯浅党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯浅党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation