@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

湿疹【しっしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湿疹
しっしん
eczema
皮膚病変中,下記の症候を示すものをいう。皮膚疾患の中で最も多い病気である。 (1) かゆい。 (2) 丘疹,漿液性丘疹,小水疱などの小点状疹が多発する。 (3) 紅斑,丘疹,漿液性丘疹,小水疱,落屑,びらん,結痂などの多様な病変が同時的に,あるいは次々と発生する。 (4) 多くは境界不鮮明で,中央部の病変が最も高度。境界鮮明のこともあるが,この場合は苔癬化が認められるか,独特の所見を呈する。 (5) 表皮内に海綿状態,真皮浅層や表皮内にリンパ球の浸潤,侵入を認める。以上の症候のうち,主として紅斑,小丘疹,小水疱,落屑,びらん,結痂などの急性滲出性炎症のあるものを急性湿疹という。また,病変部皮膚の肥厚,苔癬化,落屑などの慢性増殖性の炎症性病変を中心とするものを慢性湿疹といい,急性と慢性の中間型を亜急性湿疹と呼ぶ。原因から分けると,湿疹性病変は接触性皮膚炎アトピー性皮膚炎自家感作性皮膚炎などに分類される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しっ‐しん【湿×疹】
かゆみを伴う、非伝染性の皮膚の炎症の総称紅斑で始まり、丘疹を形成し、小水疱や膿疱(のうほう)をつくる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

湿疹
 皮膚炎とほぼ同じ意味.一般に皮膚の炎症.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しっしん【湿疹 eczema】
俗に〈くさ〉ともいう。本来は〈の出てくる発疹〉を意味し,eczemaも〈吹き出てくるもの〉を意味するギリシア語に由来する。しかし,現在では,表皮に付着した化学物質を身体が拒絶して起こす遅延型アレルギーにより,表皮内に小水疱の形成されることが湿疹の本態と考えられており,したがって湿疹は,病名ではなく症候名ということになる。このような接触アレルギーのメカニズムがわかったのは,パッチテストという臨床検査法が実用化されて,多くの化学物質が接触アレルゲンとなって湿疹をつくることがわかってからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しっしん【湿疹】
皮膚の炎症性疾患。皮膚の表面に紅斑・丘疹・小水疱・膿疱などを生じる。感染しないが、痒かゆみを伴う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湿疹
しっしん
もっとも多い皮膚表面の炎症で、皮膚科外来患者の約3分の1を占める。おもなものだけでも10種類を数える。このため、従来、単に湿疹と称していたのが、いまは湿疹性疾患、あるいは湿疹・皮膚炎群の呼称のもとに一括されるようになった。
 湿疹は炎症の性質によって急性型と慢性型に2大別される。急性型湿疹は一般に皮膚炎の症状が著明で、自覚的に激しいかゆみを有する。一般的経過としては、まず紅斑(こうはん)をもって始まり、多少の炎症性浮腫(ふしゅ)を伴い、境界は不明確である(紅斑期)。ついで病勢が進み、紅斑上に丘疹(きゅうしん)を形成し(丘疹期)、滲出(しんしゅつ)性変化がさらに加わると、丘疹の頂上に小水疱(すいほう)を形成する(小水疱期)。炎症症状がますます加わると、紅斑、丘疹、小水疱は増加する。小水疱は一部膿疱(のうほう)となり(膿疱期)、小水疱と膿疱が破れると、ただれてびらん面を生じ(びらん期)、びらん面上の膿、漿液(しょうえき)、血液などが乾燥してかたまり(結痂(けっか))、かさぶた(痂皮(かひ))が形成されるようになる(結痂期)。炎症症状が消退して治癒に向かうと、かさぶたが脱落し、ふけのような鱗屑(りんせつ)を生じ(落屑期)、瘢痕(はんこん)を残さないで完全治癒する。しかし、急性型湿疹の経過はかならずしも以上の順を追って規則正しく経過するものではなく、同一患者についても部位によって症期の差異がみられる。一方、湿疹の種類によっても経過に多少の違いがある。
 慢性型湿疹は、病巣の浸潤、肥厚、苔癬(たいせん)化を特徴としており、炎症症状によって種々の程度にかゆみを伴い、患者が病巣をひっかいたり、こすることによってしばしば苔癬化を続発する。
 湿疹性疾患の原因は複雑多岐であるが、直接の原因は外因と内因に大別される。
 おもな湿疹性疾患として、次のようなものがあげられる。
(1)アトピー性皮膚炎 本人あるいは家族に、喘息(ぜんそく)、アレルギー性鼻炎、じんま疹、枯草(こそう)熱などがおきやすい、いわゆるアトピー性体質を有する者に発症した湿疹の総称で、年齢によって症状を多少異にするので、乳児型、幼小児型、成人型の3型に区別されている。
(2)理学的諸原因による湿疹 アレルギー性の場合と非アレルギー性の場合がある。寒冷や寒風による、いわゆるひび・あかぎれ、高温・多湿が誘因となって生ずる、いわゆるあせも(汗疹性湿疹)なども、一種の理学的原因による湿疹と考えてよい。
(3)一次性刺激性皮膚炎 アレルギーによらないで、刺激物の直接作用によってだれにでも生ずる湿疹性病変である。塩酸や水酸化ナトリウムなど酸・アルカリによる急性皮膚炎、からしなど刺激物質による急性皮膚炎、せっけん、洗剤類などによる主婦湿疹、および灯油、ガソリン、セメントなどによる職業性皮膚炎がこれに属する。
(4)アレルギー性接触皮膚炎 一次性刺激性皮膚炎とともに接触型の湿疹、いわゆるかぶれとして知られる。湿疹性疾患のなかでも頻度の高い種類で、植物、塗料、染料、化学物質、金属など体外の異物が抗原(アレルゲン)として皮膚に作用し、このような物質に感作(かんさ) された(アレルギー状態になった)人に生じる。湿疹性接触皮膚炎あるいは接触湿疹ともよばれる。
(5)細菌性湿疹 細菌が関与する湿疹で、臨床的には次の3型に区別される。第1型は耳介後面付着部などに亀裂(きれつ)(ひび割れ)を生ずる亀裂性湿疹ならびに前頸部(けいぶ)や乳房下面に生ずる間擦性湿疹(間擦疹)、第2型は中耳炎や(せつ)(おでき)などがあって流出した膿汁によって病巣周辺がある期間汚染されたのちに発症する湿疹、第3型は口囲または眼囲に好発する落屑性湿疹の3型である。
(6)脂漏性皮膚炎 皮脂の分泌が多い脂漏部位におきる皮膚炎である。多くは毛髪の生える頭部に始まり、しだいに前額部、耳後部、後頭部に拡大し、胸骨部、肩甲間部、腋窩(えきか)(わきの下)、臍部(さいぶ)(へそ)、陰毛部にも発現する。生後1か月、思春期、更年期の脂腺(しせん)機能が亢進(こうしん)する年齢に好発する。性ホルモンのアンバランス、ストレス、ビタミンB複合体の欠乏、常在菌である細菌や真菌の異常などが原因として注目されている。
(7)貨幣状湿疹 その名の示すように、かゆみの強い貨幣大で円形の病巣を形成するのが特徴で、冬と秋によくみられ、好発部位は四肢とくに下腿(かたい)であるが、背部など広範囲に生じることもある。慢性に経過すると、その経過中に全身に散布現象(播種(はしゅ))をきたしやすく、また治癒しても再発しやすい。
(8)自家感作性皮膚炎 限局性の皮膚潰瘍(かいよう)や慢性湿疹性原発巣があって、その経過中に不適当な軟膏(なんこう)療法や掻破(そうは)(かきむしる)などの刺激、あるいは化膿菌による感染症が加わると、はじめ原発巣の周囲、のちにはかけ離れた遠隔部位にも、急激に湿疹性病巣が生ずることがある。この現象を自家感作といい、特に全身にほぼ対称的に多数の病変が生じる時には汎発(はんぱつ)性湿疹あるいは播種性湿疹とよぶ。原発巣としては、熱傷、外傷、手術創、下腿潰瘍、貨幣状湿疹などがある。
(9)内因性湿疹 食物や薬物などの内因性のものが原因で、紅色丘疹や漿液性丘疹などの湿疹性病変が対称性に発生することと、多少なりとも汎発傾向を示すことが特徴である。
(10)ビダール苔癬 皮膚(そうよう)症に始まり、掻破が重要な役割を演じて発症する湿疹で、境界の明確な苔癬化病巣を形成する。項部(うなじ)や側頸部が好発部位である。慢性単純性苔癬あるいは限局性神経皮膚炎ともよばれ、30~50歳のとくに女性に多くみられる。
 湿疹性疾患の治療は、その種類によって多少異なるが、共通していえることは、症状の軽い場合は副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤含有クリームまたは軟膏を擦り込むだけで治る。症状の重い場合は、外用薬を塗布(または貼布(ちょうふ))後、ガーゼや包帯でおおうなどし、内服薬として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の併用、重症のときには副腎皮質ホルモン剤の併用も必要である。また、脂漏性皮膚炎に対してはビタミンB2やB6の内服を行い、貨幣状湿疹と細菌性湿疹については、抗生物質を含有した副腎皮質ホルモン剤クリームまたは軟膏の外用と、重症例には前記の内服薬のほかに抗生物質を必要とする場合がある。自家感作性湿疹・汎発性湿疹(播種性湿疹)はもっとも重症の湿疹であるので、皮膚科専門医に早めに診察を受ける必要がある。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐しん【湿疹】
〘名〙 最もよくみられる皮膚の炎症。急性のものは紅斑、丘疹、小水疱などを生じ、かゆみが強く、じめじめと湿潤する。これが持続したり反復したりすると、炎症は皮膚の深層に達して慢性となる。
※家庭医学(1911)〈糸左近〉皮膚科学「神経性湿疹は殊に手や指に発するが多い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湿疹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湿疹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation