@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

満州族【まんしゅうぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

満州族
まんしゅうぞく
Manchu
満族ともいう。中国東北地方のいわゆる満州といわれた地域に居住するツングース系の言語を話す諸民族をいう。人口約 1000万 (1990) 。 17世紀に中国を征服し,250年以上中国大陸を支配した清朝女真後裔軍事・政治力を握ってからは,中国文化の影響を受けて文化的にも著しく発展したが,独自の言語と伝統は維持し続け,族内婚を促した。しかし 19世紀の朝最後の 10年間に文化の保護と人種的隔離は次第にくずれていった。今日では満州族は文化的に漢民族に同化されてしまったが,それ以前は馬,豚の飼育狩猟農耕をあわせ行う農牧民で,独自の父系外婚制氏族やシャーマニズムをもっていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

満州族
中国東北地方の先住民族の一つで、かつては女真人とも呼ばれた。清朝をたて、17世紀から3世紀にわたり中国大陸を支配。映画「ラストエンペラー」で知られる最後の皇帝溥儀は日本による満州国建国に協力した。遼寧省に人口の約半数が集中し、戯曲「茶館」などの作品で知られる作家の老舎も同民族の出身。
(2013-09-06 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

まんしゅう‐ぞく〔マンシウ‐〕【満州族】
中国東北地方の主要住民。ツングース系の民族で、かつて渤海(ぼっかい)を建てた靺鞨(まっかつ)を建てた女真を建てた女真族の後裔(こうえい)。17世紀、女真を統一した太祖ヌルハチが自らの民族名を改めたことによる名称。満族

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まんしゅうぞく【満州族 Mǎn zhōu zú】
中国,清朝を建てたツングース系の民族。中国では満族という。1978年の時点で遼寧省内に142万人,吉林・黒竜江省および全国各地に123万人が居住し,80%以上が農業に従事していた。1980年代に入って中国の民族政策が柔軟化し,非漢族が優遇されるようになると,〈満族〉と名乗り出る者が増え,1990年センサスでは985万人に及んだ。かつては固有の言語と文字を用いていたが(満州語),現在はほとんど使われず中国語が用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

まんしゅう‐ぞく マンシウ‥【満州族】
〘名〙 中国、東北地方に居住するツングース系の民族。その祖先にあたる靺鞨(まっかつ)は七世紀末に渤海を建国し、女真は一二世紀初めに金を建国した。一五世紀末、建州左衛の首長ヌルハチが女真人を統合し、一六一六年に後金を建国。後金は中国を征服したのち、女真に代えて満州という民族名を用いるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満州族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

満州族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation