@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

満州重工業開発会社【まんしゅうじゅうこうぎょうかいはつがいしゃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

満州重工業開発会社
まんしゅうじゅうこうぎょうかいはつがいしゃ
満州国」(現中国東北)にあった国策会社。重工業を中心に「満州国」の総合的産業開発にあたるため、鮎川義介(あいかわよしすけ)の率いる新興財閥日産コンツェルンの本社日本産業株式会社が「満州国」の招きで1937年(昭和12)満州に移り、日産と「満州国」折半出資で設立された。日産系企業に加え、昭和製鋼所など満鉄系諸企業を傘下に入れ、「満州国」政府から配当保証や課税面で特典を与えられた。当初予定した外資導入に失敗し、1941年満州投資証券会社を設立して資金調達を図り、「満州国」の戦時経済開発にあたったが、十分な成果をあげられないまま敗戦を迎え、閉鎖機関に指定され、解散した。[中村青志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満州重工業開発会社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

満州重工業開発会社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation