@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

満礬ざくろ石【まんばんざくろいし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

満礬ざくろ石
まんばんざくろいし
spessartine

ざくろ石の一種で、マンガンとアルミニウムを主成分とする鉱物。十二面体、二十四面体を主とする結晶のほか、粒状や塊状を呈する。マンガン鉱床から石英、ばら輝石、テフロ石などに伴って産するものは、理想化学組成に近い。日本の変成層状マンガン鉱床からはきわめて普通に産する。マンガン鉱物をほとんど伴わない花崗(かこう)岩ペグマタイト、デイサイト、結晶片岩中から産するものは一般に鉄に富み、鉄礬ざくろ石との中間組成をもつことが多い。英名は原産地、ドイツ・バイエルン州北西部にある山地シュペッサルトSpessartにちなむ。和名は化学組成による。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満礬ざくろ石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

満礬ざくろ石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation