@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源太勘当【げんだかんどう】

精選版 日本国語大辞典

げんだかんどう ゲンダカンダウ【源太勘当】
浄瑠璃「ひらがな盛衰記」の二段目切の通称。梶原源太景季が、宇治川の先陣に不覚をとったため、母延寿から情けの勘当を受ける場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

源太勘当
(通称)
げんたかんどう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
ひらがな盛衰記
初演
元文4.5(京・水木辰之助座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源太勘当
げんたかんどう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源太勘当」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源太勘当の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation