@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源太【ゲンタ】

デジタル大辞泉

げんた【源太】
文楽人形の首(かしら)の一。「ひらかな盛衰記」の梶原源太からついた名称で、時代物世話物を問わず、20歳前後の二枚目役に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんだ【源太】
歌舞伎舞踊。常磐津節。1808年(文化5)11月江戸森田座初演。七変化所作事《倭仮名色七文字やまとがないろのななもじ)》の一曲。俗称《かぼちゃ源太》。演者は3世坂東三津五郎。作詞2世桜田治助。作曲3世岸沢古式部。浄瑠璃ひらかな盛衰記(せいすいき)》の〈神崎揚屋の段〉により趣向を得たもの。源氏の武将梶原源太を廓通いの美男子に仕立て,生田の森の合戦で箙(えびら)に梅花一枝をはさんで奮戦した物語から廓情緒に一変して梅ヶ枝との口説となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げんだ【源太】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

げんた【源太】
〘名〙 文楽の人形のかしらの一つ。「ひらがな盛衰記」の梶原源太景季からの名称で、二〇歳前後の二枚目のやつし立役を性根とする。目の動きがなく描き眉が原則。みずみずしい色気と気品をそなえたかしらで、「菅原伝授手習鑑」の桜丸、「冥途の飛脚」の忠兵衛など、時代物、世話物ともに広く用いられる。
※楽屋図会拾遺(1802)下「源太(ゲンタ) 時代やつしなり。其数多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

源太
(通称)
げんた
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
折箙竹梅幸 など
初演
寛政7.11(江戸・都座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源太」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源太の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation