@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源平盛衰記【げんぺいじょうすいき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

源平盛衰記(げんぺいじょうすいき)
げんぺいじょうすいき
軍記物語。「げんぺいせいすいき」とも読む。48巻。作中人物の呼称などの考証により鎌倉中期の成立といわれたが、武士の服装描写などからは、鎌倉末期もしくは南北朝期の時代性をみせていて、そのころの成立と思われる。編者は未詳、寺院関係者か。諸本として、静嘉堂(せいかどう)文庫蔵本、蓬左(ほうさ)文庫蔵本など古写本系と、近衛(このえ)本、古活字本など流布本系の2系統があるが、両系統の間に大差はなく、成立後、固定したままあまり流布しなかった。江戸期になって兵法の書、雑史としての関心などから取り上げられ刊行もされた。
 平安末期の動乱をめぐって、平家の滅亡を主題として描く『平家物語』は、早くから琵琶(びわ)法師の語る語り本のほかに、寺院を中心に読み本が行われた。その読み本は、源頼朝(よりとも)、木曽義仲(きそよしなか)の挙兵など、東国における戦闘を、その現地の側から詳しく記して、源氏の興隆と平家の滅亡を描くが、『源平盛衰記』は、その読み本の最終的集成本である。『平家物語』を、いわば与えられた物語として、その他の異本をはじめ、異説や伝承をもあわせて取り込み、これらを注釈的姿勢をもって再構成した物語である。源平両勢力の交替を、語り本が京都の人々の目をもってその動乱を体験するように語るのとは違って、素材からは距離を隔てて、それも源氏による天下平定の結果の側から、経過を回想する姿勢が顕著である。史料や寺院の資料のほか、故事、説話をも大量に取り込み、また、史実としてはありえないような話を、記録文学らしい体裁を整えて創作し、増補を行っている。この点で南北朝期の軍記物語『太平記』に通うものがある。時代を切り開いていった武士たちを、時代の展開に即し、その明るい側面に関心をもって記すよりも、むしろ、異様な暗い面に関心を示し、退廃の色が濃い。これらの性格から推しても、語り物としての『平家物語』のような庶民の想像力の所産とは考えられず、多様な資料に取り囲まれながら、時代を離れてとらえる、目覚めた個人が編んだものというべきであろう。[山下宏明]
『『源平盛衰記』上下(1929、31・有朋堂文庫) ▽津田左右吉著『日本文芸の研究』(1953・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源平盛衰記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源平盛衰記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation