@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源平【ゲンペイ】

デジタル大辞泉

げん‐ぺい【源平】
源氏と平氏。「源平の合戦」

敵味方の二組に分かれること。敵と味方。「源平試合」
《源氏は白旗、平氏は赤旗を用いたところから》白と赤。紅白。「源平縞(じま)」「源平餅(もち)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源平 みなもとの-たいら
?-? 平安時代前期の官吏。
源信(まこと)の子。嵯峨(さが)源氏仁寿(にんじゅ)3年(853)従五位下となる。左兵衛佐(さひょうえのすけ),相模権守(さがみのごんのかみ)をへて,仁和(にんな)3年(887)大膳大夫(だいぜんのだいぶ)。従四位上。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

げんぺい【源平】
福井の日本酒。清酒の味の表現「甘」「」「ピン」を源平の合戦になぞらえ、平家の優雅さを「甘」、源氏の荒武者ぶりを「辛」、戦いの緊迫感を「ピン」にたとえて命名。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などがある。平成9、15、19、20年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は五百万石など。仕込み水は白山山系の伏流水蔵元の「源平酒造」は延宝元年(1673)創業。所在地は大野市要町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

源平
古典落語の演目のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんぺい【源平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんぺい【源平】
源氏と平氏。 -の戦い
二組に分かれてする勝負。 -ガルタ
源氏が白旗、平氏が紅旗を用いたので 白と紅。 -餅 -なます

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐ぺい【源平】
[1] 源氏と平氏。
※高野山文書‐建久五年(1194)七月七日・僧鑁阿起請相折帳「源平騒動之間、庄内損亡〈して〉殆如荒野
[2] 〘名〙
① 敵と味方。また、敵味方の二組にわかれて勝負を争うこと。源氏は白旗、平氏は赤旗を用いたところから、多く、紅白の組にわかれる。
※夢酔独言(1843)「其時はおれが一本勝負源平の行司をした」
② 白と紅。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「源平に咲て貞女の名を残し」
※南方録(17C後)台子「源氏、源平、十種、宇治、小鳥、烟くらべ等かやうの香方香会の時は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation