@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源流【ゲンリュウ】

デジタル大辞泉

げん‐りゅう〔‐リウ〕【源流】
ある川のもととなる水の流れ。水源。「ナイル川の源流
物事の起こり。始まり。起源。「文明の源流をたどる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんりゅう【源流】
川のみなもと。水源。
連綿と続いている物事の始まり。起こり。起源。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐りゅう ‥リウ【源流】
〘名〙
① 水のながれ出るみなもと。水源。源泉。
※観心寺文書‐承和四年(837)三月三日・観心寺縁起実録帳案「和尚艤帰朝船、凌万里浪之時、乳水涌海上、甘露溢潮中、凝奇異思、尋彼源流、到此勝地」 〔詩譜序〕
② 物事の起こり。起源。源泉。
※古今(905‐914)真名序「雑体非一。源流漸繁」 〔魏志‐劉劭伝〕
③ みなもとと流れ。物事の本と末。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「彼れ明に邦国本末の理を知り、社会源流(ゲンリウ)の義を識りて」 〔荀子‐富国〕
④ 剣術の流派の一つ。安房国(千葉県)里見家の家人木曾庄九郎が創始したもの。〔武術流祖録(1843)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation