@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源義国【みなもとの よしくに】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源義国 みなもとの-よしくに
?-1155 平安時代後期の武将。
源義家の3男。式部丞(じょう),加賀介。上野(こうずけ)(群馬県)新田郡を本拠とする。久安6年(1150)家臣徳大寺実能(さねよし)のを焼きはらった事件をとがめられ,下野(しもつけ)(栃木県)足利の別宅に謹慎。長男義重は新田氏,次男義康は足利氏となった。久寿2年6月26日死去。通称足利式部大夫,荒加賀入道。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのよしくに【源義国】
?‐1155(久寿2)
平安末期の武将。源義家の三男。母は中宮亮藤原有綱(一説に安芸守藤原有継)の娘とも足利基綱の娘ともいわれる。下野,上野に勢力を扶植し,やがて常陸にまで進出して1106年(嘉承1)叔父義光と合戦。50年(久安6)右大将藤原実能と武力衝突し,勅勘をこうむって下野足利の別業に籠居。式部丞,従五位下であったので足利式部大夫と呼ばれた。54年(久寿1)出家,翌年6月26日死没。その長男義重は新田氏の,次男義康は足利氏の祖となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

源義国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源義国の関連情報

関連キーワード

近衛天皇源義賢後白河天皇グレゴリウス8世アルノルド派後白河天皇洞爺丸台風事故鴨長明高陽院建礼門院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation