@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

源通具【みなもとの みちとも】

美術人名辞典

源通具
鎌倉前期の公卿歌人土御門通親次男。仕えて正二位大納言に至る。父通親と共に新古今壇で果たした役割は大きく、和歌所の寄人となり、『新古今集』を撰じた。『新勅撰集』以下の勅撰集に多数の歌を収めている。文政元年(1818)歿、75才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐みちとも【源通具】
[1171~1227]鎌倉初期の歌人。通親の子。藤原俊成の娘の夫。堀河大納言と称された。和歌所寄人(よりゅうど)で、新古今集撰者の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源通具 みなもとの-みちとも
1171-1227 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
承安(じょうあん)元年生まれ。源通親(みちちか)の次男。母は平教盛(のりもり)の娘。建仁(けんにん)元年(1201)参議。のち正二位,大納言。堀川大納言とよばれる。父とともに後鳥羽(ごとば)院歌壇で活躍し,和歌所寄人(よりゅうど),「新古今和歌集」撰者となった。「新古今和歌集」以下の勅撰集に37首はいる。嘉禄(かろく)3年9月2日死去。57歳。
格言など】梅の花誰が袖ふれし匂ひぞと春や昔の月に問はばや(「新古今和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

みなもとのみちとも【源通具】
1171~1227 鎌倉初期の歌人。通親の子。妻は藤原俊成の娘。正二位大納言。「新古今和歌集」撰者の一人で、同集以下の勅撰集に三七首入集。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源通具
みなもとのみちとも
[生]承安1(1171)
[没]嘉禄3(1227).9.2. 京都
鎌倉時代前期の公卿,歌人。内大臣通親の子。母は平通盛の娘。正二位大納言にいたり,堀川大納言といわれた。女流歌人藤原俊成女 (としなりのむすめ) と結婚したが,のち離別。和歌所寄人となり,『新古今和歌集』の撰者の一人。家集があったらしいが,いまは伝わらない。和歌には俊成女の影響が認められる。漢詩もよくした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐みちとも【源通具】
鎌倉初期の歌人。通親の子。俊成女(しゅんぜいのむすめ)の夫。堀河大納言と呼ばれる。「新古今和歌集」の撰者の一人。「新古今集」以下の勅撰集に三七首入集。承安元~嘉祿三年(一一七一‐一二二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源通具」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源通具の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation