@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

準正【じゅんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

準正
じゅんせい
legitimation
嫡出子父母の法律上の婚姻により,嫡出子としての地位を取得すること。非嫡出子認知によって父との間に法的な親子関係を生じるが,さらに父母の婚姻により嫡出子となる機会を与えることは,子の利益にもなり父母の法律上の婚姻を促すことにもなる。民法上,父母の婚姻前に生れ,すでに父によって認知された子が父母の婚姻のときから嫡出子となる場合 (婚姻準正,789条1項) と,未認知の子が父母の婚姻後父の認知のときから嫡出子となる場合 (認知準正,789条2項) とがある。ただし後者も,制度の趣旨から父母の婚姻のときにさかのぼって嫡出子となるものと解する説が有力である。準正による嫡出子は,父母の親権に服し,父母を相続し,父母のを称する。準正の効果はすでに子が死亡していても生じ,準正嫡出子の直系卑属 (子や孫) は父母の嫡出子の直系卑属となる (789条3項) 。準正制度はイギリス,フランス,ドイツ,スイスなど諸外国でも認められており,ドイツ,スイスではこれに加えて嫡出宣告の制度が認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅん‐せい【準正】
嫡出でない子が、その父母の婚姻・認知によって嫡出子身分を取得すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅんせい【準正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

準正
じゅんせい

嫡出でない子が、その父母の婚姻を条件として、嫡出子になることを準正または後婚認正という。現行民法上、準正には、父の認知した子が父母の婚姻によって嫡出子となる場合(婚姻準正)と、婚姻前に子をもうけた父母が婚姻し、やがて父が子を認知することによって嫡出子となる場合(認知準正)とがあり、死亡した子についても同様である(民法789条)。いずれの場合を問わず、子は父母の婚姻のときから嫡出子としての身分を取得し、準正と同時に子は父母の氏を称すると解されている。また、日本人と外国人との間の20歳未満の準正された子は、一定の場合、法務大臣に届け出て、日本国籍を取得することができる。

[山本正憲・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐せい【準正】
〘名〙
① 正しい基準とすること。よりどころとすること。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月癸卯「於是始成、大略以浄御原朝庭准正」 〔晉書‐摯虞伝〕
② 嫡出でない子に嫡出子としての身分を与えること。民法では、父に認知されている子についてはその父母が婚姻した場合(婚姻準正)に、また、父に認知されていない子については父母の婚姻後に認知を受けた場合(認知準正)に、嫡出子としての身分を取得するとしている。後婚認正。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

準正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation