@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

準貨幣【じゅんかへい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

準貨幣
じゅんかへい
quasi-money
支払手段としての機能はもたないが,即時に確実に現金化できる点で貨幣と区別できない金融資産準通貨,ニア・マネー near money(近似貨幣)ともいう。第2次世界大戦後の欧米先進諸国では,銀行以外の金融仲介機関の発達が著しく,銀行預金と類似の貨幣と代替的な金融資産(貯蓄性預金,信託,保険など)を多様に創設するにいたり,また国債(→公債)の多様な発行によって「国債をいだく経済」としての特色をもつにいたった。こうした金融資産の多様化は伝統的な金融政策を混乱させるおそれがあり,準貨幣の管理が注目され始めて,これに対応する新しい金融理論がジョン・G.ガーレイとエドワード・S.ショーによって構築された。現金通貨預金通貨からなる狭義の貨幣を M1とすると,それに従来準貨幣と考えられていた定期性預金譲渡性預金 CDを加えて広義の貨幣を M2+CDで表す場合が多い。日本における準貨幣としては,定期性預金,譲渡性預金,金融債貸付信託金銭信託郵便貯金などがあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅんかへい【準貨幣】
定期性預金や短期債など、それ自体は支払い手段として機能しないが、ただちに確実に貨幣に換えることができる金融資産。準通貨。近似貨幣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準貨幣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

準貨幣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation