@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

溶岩トンネル【ようがんトンネル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

溶岩トンネル
ようがんトンネル
lava tunnel
溶岩隧道ともいう。溶岩流の中に細長く伸びた円筒状の空洞表面冷却固結した流動性の大きい溶岩が中央部を流動して先端部へ供給されると,すっぽり脱けた径数mから 10mぐらいの空洞ができることがあり,長さは数 kmに及ぶものがある。玄武岩質溶岩に多く,富士山麓風穴はすべて溶岩トンネルである。内部には,溶岩鍾乳溶岩石筍がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようがん‐トンネル【溶岩トンネル】
溶岩流の表面が冷却・固結し、内部が流出して生じるトンネル状の空洞。富士山北西麓の風穴(ふうけつ)など。溶岩洞窟溶岩洞溶岩チューブ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようがんトンネル【溶岩トンネル lava tunnel】
玄武岩質の流動性に富む厚い溶岩流中に生じるトンネル状の空洞。小規模のものは溶岩チューブlava tubeと呼ばれる。直径は最大数mくらいで長さは数km以上のものもある。発達した溶岩流では,火口から噴出した新鮮な溶岩はパイプ状の通路によって先端部に送られる。流れる溶岩の水位が低下すると,トンネル状の空洞となって冷却固化する。溶岩トンネルの内部は平滑で,水平な段がついている場合がある。富士山の青木ヶ原溶岩などにみられる風穴,氷穴,人穴などと呼ばれる洞穴の多くは溶岩トンネルである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

溶岩トンネル
ようがんとんねる
lava tunnel

固化した溶岩流の内部にある横穴状の空洞。粘性の低い玄武岩質溶岩流に発逹することが多い。溶岩流は表層部や底層部が、空気や地面に触れて早く冷却固結するので、その中間部を流下し続けるが、溶岩流の供給がやむと外殻を破って流出した溶岩流の通路跡に空洞を残し、溶岩トンネルを生じる。小規模のものは溶岩チューブlava tubeとよばれる。溶岩トンネルの天井には溶岩鍾乳石(しょうにゅうせき)が垂下し、その真下の床には溶岩石筍(せきじゅん)をみることもある。冬季に凍った溶岩トンネル中の氷は、冷気が夏季の暖気と置き換えられないため、一年中融(と)けないところもあるといわれている。富士山の北西麓(ろく)には、風穴(ふうけつ)・御胎内(おたいない)などとよばれる溶岩トンネルが多い。

[壽圓晋吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようがん‐トンネル【溶岩トンネル】
〘名〙 (トンネルはtunnel) 流出した溶岩の外部が早く固まり、固まらない内部の溶岩が弱いところから流出してできた洞穴。富士山麓の風穴などに見られる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溶岩トンネル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

溶岩トンネルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation