@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

溶液重合【ようえきじゅうごう】

世界大百科事典 第2版

ようえきじゅうごう【溶液重合 solution polymerization】
同じ種類の小さい分子が互いに結合して巨大な分子,すなわち高分子となる重合反応を,溶液状態で行う方法をいう。原料となる小さい分子,すなわちモノマー(単量体)を適当な溶媒に溶かし,必要に応じて重合反応の開始剤を加えて加熱する。反応が進んで高分子のポリマー(重合体)が生成してくると,反応溶液は粘くなる。これからポリマーを分離するには,それを溶かさない溶媒(非溶媒)に反応溶液を加え,重合体を沈殿させる。溶液重合では,モノマーを溶媒でうすめた状態で反応させるので,反応によって発生する熱の除去が容易で,反応の制御には便利である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

溶液重合
ヨウエキジュウゴウ
solution polymerization

単量体を溶媒に溶かして重合させる方法.一般に,生成重合体は溶媒に溶解し,重合は均一系で進行する.ラジカル重合を例にとれば,数平均重合度は次式で表される.

ここに,Cs は連鎖移動定数,[S]は溶媒濃度,[M]は単量体濃度,は溶媒不在下での数平均重合度である.上式から明らかなように,溶液重合においては溶媒による連鎖移動が起こるために,塊状重合に比べて生成重合体の分子量が小さくなる.また,溶液重合においては重合熱の除去が可能となるが,生成重合体と溶媒との分離工程が必要となる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溶液重合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

溶液重合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation