@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

溶融塩【ようゆうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

溶融塩
ようゆうえん
molten salt; fused salt
固体を加熱し融解状態としたもの。融解塩ともいう。約 300~1250℃の融点をもつ塩類が対象となる。水溶液に比べて比電導度は約 10倍で,導電性にすぐれている。また水を含まないので,溶融塩電解を行うとき,水溶液系にみられる水素や酸素の発生がない。イオン電導性を示し,直流を通じればファラデーの電気分解の法則に従って電解が行われる。このため水溶液からの電着不能の金属,たとえばアルミニウムマグネシウムナトリウムフッ素の工業的製造に用いられる。また高温でも安定で熱伝導性もよいので,塩浴 (→熱浴 ) にも利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようゆう‐えん【溶融塩】
塩や酸化物イオン結晶固体を高温に加熱して融解し、液体にしたもの。常温で液体のものは、イオン液体またはイオン性液体とよばれる。融解塩。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

溶融塩
 プロセスチーズを作るに用いるリン酸塩やクエン酸塩.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようゆうえん【溶融塩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

溶融塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

溶融塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation