@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【てん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


てん
Dian; Tien
中国,代の西南夷一種滇池 (現在の雲南省昆明湖) 付近に住み,まげを結い,田を耕し村落をつくっていた。戦国時代,楚の荘 蹻 (そうきょう) がこの地に国を建てたというのは後世の伝説であろう。前漢の武帝が西南夷経略を行うと,滇は元封5 (前 106) 年漢にくだり,ここに益州郡がおかれたが,しかし 滇の首長は 滇王に封じられ,王印を賜わった。昭帝のときに西南夷に大乱が起り,滇国は滅びたらしい。最近雲南省晋寧郡石寨 (せきさい) 山から「滇王之印」の4字を刻した漢印が発見された。また 滇は雲南省の別称ともなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん【滇】
中国代、雲南地方に拠った西南夷の一。前109年、前漢武帝に降伏して益州郡に編入された。
雲南省の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てん【滇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


てん

漢代(前202~後8)西南夷(せいなんい)の一つで、現在の中国雲南省昆明付近にいた民族。農耕を営み、髷(まげ)を結っていた。王は楚(そ)の将軍荘蹻(そうきゃく)の後裔(こうえい)と称し、漢初から蜀(しょく)の地方と通商を行っていたようである。武帝はインドへの道を開こうとこの地に兵を進め、益州郡を置いた。漢は滇王に印を送った。最近この地から、貯貝器や銅鼓をはじめとして、滇の文化を示す遺物が発見されたが、そのなかに「滇王之印」と刻した金印があり、わが国の国宝金印との比較もなされている。

[狩野直禎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation