@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

滌除【テキジョ】

デジタル大辞泉

てき‐じょ〔‐ヂヨ〕【×滌除】
洗いのぞくこと。
抵当権のついた不動産所有権地上権永小作権を取得した第三者が、抵当権者に一定金額を支払いまたは供託して抵当権を消滅させること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てきじょ【滌除】
抵当不動産の所有権,地上権または永小作権を取得した第三者が,みずから適宜に定めた不動産の評価額を抵当権者に提供して,一方的にその抵当権を消滅させる制度(民法378~386条)。たとえば,Aが100万円の債権を担保するためにB所有の不動産に対する抵当権を取得し,その後その不動産の所有権がBからCに譲渡されたような場合,Cはその不動産の自己評価額(たとえば60万円)をAに提供することによってAの抵当権を消滅させることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てきじょ【滌除】
洗いのぞくこと。
抵当不動産についての権利を取得した第三者が、抵当権者に一定の金額を支払いまたは供託し、その抵当権を消滅させること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滌除
てきじょ
旧民法において採用されていた抵当権に関する制度。当制度は、抵当権のついた不動産について、所有権・地上権・永小作権を取得した第三者が、自ら妥当と評価した金額を抵当権者に支払いあるいは供託して、その抵当権を消滅させるというものであった。しかし、抵当権者に不利益な制度であったため、2003年(平成15)の民法改正により廃止され、かわって抵当権消滅請求制度が採用された。[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てき‐じょ ‥ヂョ【滌除】
〘名〙
① 洗いのぞくこと。洗いすすぐこと。
※家伝(760頃)上「気滌除、犲狼竄伏、人人喜躍、皆称万歳」 〔老子‐一〇〕
② 抵当となっている不動産の所有権・地上権・永小作権などを得た第三者が、抵当権者に一定の金額を支払いまたは供託して、その抵当権を消滅させること。
※民法(明治二九年)(1896)三八三条「第三取得者が抵当権を滌除せんと欲するときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滌除
てきじょ
抵当権消滅請求」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滌除」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滌除の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation