@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

滑走路【かっそうろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滑走路
かっそうろ
runway
航空機が離陸および着陸に際して,滑走するための路面機体の重量に耐えられるよう,通常はアスファルトまたはコンクリートで舗装されるが,軽飛行機グライダーなどの軽量な航空機は,芝生や未舗装の路面でも離着陸できる。滑走路の表面には,その方位,中心線,末端接地点・接地帯などの標識があり,両端には航空機が接地点を誤ったり,ブレーキが故障して止まらない場合に備え,オーバーラン・エリアが設けられている。また表面および周辺には滑走路灯,末端灯,終端灯,接地帯灯,中心線灯などの灯火を備える。大きな空港では複数の滑走路を設けているところも多く,通常の風向きに沿った主滑走路と,それにほぼ直角横風用滑走路をもつところもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かっそう‐ろ〔クワツソウ‐〕【滑走路】
飛行機の離着陸時の滑走に用いる、飛行場内に設けられた直線状の舗装路。ランウエ-(runway)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっそうろ【滑走路】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

滑走路
かっそうろ

飛行機が離着陸するとき加速または減速・停止するための地上滑走に使用する飛行場の部分。表面は着陸接地時の衝撃に耐えうるよう通常はコンクリートまたはアスファルトで舗装されているが、まれには地表面をローラーで押し固めただけのものもある。国際空港に使用する滑走路に対しては、長さと幅によりAからIまでの等級がつけられるほか、表面には規定に基づいて滑走路の方位、中心線、末端、接地点、接地帯、ILS(計器着陸装置)の設置の有無などを示す標識がつけられている。また、滑走路はその規模の関係から、その地域に吹くもっとも頻度の高い風向きに沿って設置されるが、飛行機の離着陸に対する横風の限界は、普通毎秒15メートル程度なので、風向きが定まらない場所では、横風用の滑走路を別に設ける必要がある。降雨時の水はけをよくして路面の摩擦係数を高めるため、路面に溝切り(グルービング)を施すことも最近では常識となっている。なお、滑走路のうちもっとも簡単な、単に飛行機の離着にだけ使われ、ほかに設備のないものを、エアストリップair-stripとよぶこともある。

[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっそう‐ろ クヮッソウ‥【滑走路】
〘名〙 飛行場などで、飛行機が離着陸の時に滑走するみち。
※邯鄲(1950)〈三島由紀夫〉「次郎さんのおでこがあたくし好きなの。白くて、広くて、滑走路みたいだわ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滑走路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滑走路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation