@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

滝廉太郎【たきれんたろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滝廉太郎
たきれんたろう
[生]1879.8.24. 東京
[没]1903.6.29. 大分
明治の作曲家。洋楽輸入以後の日本最初の本格的な作曲家。 1898年東京高等師範学校付属音楽学校 (現東京芸術大学音楽学部) 卒業。 1901年ドイツ留学したが,発して翌年帰国。 1900年頃作曲した組四季』 (有名な『』を含む) は,洋楽のスタイルによる日本最初の芸術作品で,その後も歌曲荒磯』,ピアノ曲『メヌエット』『憾 (うらみ) 』を作曲。中学唱歌の『荒城の月』 (無伴奏) などを作り,また言文一致唱歌運動に協力して『鳩ぽっぽ』『お正月』など今日も歌われている唱歌を作曲した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

滝廉太郎
東京生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)に学び、21歳でドイツ留学。少年時代転勤で移り住んだ大分竹田市岡城跡をイメージしたと言われる「荒城」をはじめ、♪うらら隅田川……で知られる「花」や「お正月」など、歌い継がれる多くの歌を作曲した。
(2014-02-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たき‐れんたろう〔‐レンタラウ〕【滝廉太郎】
[1879~1903]作曲家。東京の生まれ。ドイツに留学。日本の洋楽揺籃(ようらん)期にすぐれた才能を示した。代表作荒城の月」「箱根八里」「鳩ぽっぽ」、ほかに歌曲「四季」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

滝廉太郎 たき-れんたろう
1879-1903 明治時代の作曲家。
明治12年8月24日生まれ。ピアノを幸田延に,作曲をケーベルにまなび,東京音楽学校(現東京芸大)研究科卒業後母校の教師となる。歌曲集「四季」(「花」をふくむ),中学唱歌「荒城の月」「箱根八里」などを作曲。明治34年ドイツに留学したが,結核にかかり帰国。明治36年6月29日死去。25歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たきれんたろう【滝廉太郎】
1879‐1903(明治12‐36)
作曲家。8月24日東京市芝区南佐久間町に生まれる。父の転勤により神奈川,富山,東京,大分を転々としつつ多感な少年期を過ごす。1894年9月東京音楽学校に入学し,小山作之助,幸田延らに師事。研究科をへて同校嘱託となり後輩の指導にあたる。彼はテノール美声に恵まれ,ピアノ演奏にすぐれ,クラリネット奏法も心得ていた。1901年4月ドイツ留学のに就き,ライプチヒ音楽院に入学したが,胸の病を得て翌年8月帰国。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たきれんたろう【滝廉太郎】
1879~1903 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。ライプチヒ王立音楽院に留学したが病気で帰国。静養中の大分で夭折した。二重唱「花」を含む歌曲集「四季」のほか、「荒城の月」「箱根山」「雀」「鳩ぽっぽ」などの作品がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滝廉太郎
たきれんたろう
(1879―1903)
作曲家。東京生まれ。高等師範付属音楽学校(後の東京音楽学校)在学中からピアノと作曲の才能を示し、研究科卒業と同時に母校の教師となり2年間勤務。この時期に、ピアノ曲『メヌエット』、組歌『四季』、中学唱歌『箱根八里』『荒城の月』、幼稚園唱歌『鳩(はと)ぽっぽ』『お正月』などの今日よく知られる作品を書いた。1901年(明治34)ドイツに留学し、ライプツィヒ音楽院で和声法や対位法など本格的な作曲技法を学んだ。しかし病気のため02年帰国し、翌明治36年郷里の大分で23歳の若さで亡くなった。彼は明治の洋楽揺籃(ようらん)期において、初めての本格的作曲家として近代西洋の作曲技法を用い、その後の山田耕筰(こうさく)以後の日本の歌曲の創作に大きな影響を与えた。[船山 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たき‐れんたろう【滝廉太郎】
作曲家。東京生まれ。高等師範付属音楽学校(のちの東京音楽学校)卒。ドイツに留学、帰国後数々の名曲を作り、日本の洋楽の黎明期にその天才をうたわれた。父の郷里の大分で病没。歌曲集「四季」(二重唱「花」ほか)、歌曲「荒城の月」「箱根山」などがある。明治一二~三六年(一八七九‐一九〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

滝廉太郎
たきれんたろう
1879〜1903
明治時代の作曲家
東京の生まれ。東京高等師範学校付属音楽学校(東京音楽学校)卒業。ピアノ演奏・作曲の天才といわれた。ドイツに留学,病気になり帰国し,翌年死んだ。代表作に『荒城の月』『箱根八里』『花』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝廉太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滝廉太郎の関連情報

関連キーワード

ジーメンス(電気機器メーカー)ミシシッピ川プロボクシングの階級広島東洋カープクレメンス[アレクサンドリア]公孫氏政権リン酸アンモニウム漢の時代(年表)急性リンパ性白血病ペンタオキソ二硫酸塩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation