@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

漁業気象【ぎょぎょうきしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漁業気象
ぎょぎょうきしょう
meteorology for fisheries
気象庁から 1日 3回,日本放送協会 NHKラジオ第2放送を通じて発表される,おもに日本近海で操業する漁船に対して行なう気象通報。放送される項目は,高気圧低気圧の中心位置中心示度,進行方向,進行速度,前線の位置など。放送は 1928年11月に開始された。山岳会から小中高生などまで,幅広い層に利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょぎょう‐きしょう〔ギヨゲフキシヤウ〕【漁業気象】
操業中の漁船が必要とする気象観測および気象通報。主要地点の海水温気圧・前線の動向などをラジオを通じて知らせる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょぎょうきしょう【漁業気象】
漁業には海象だけでなく,気象も大きく影響する。暴風にあえば遭難するおそれもあり,冬季北日本の海上では,船体着氷によって転覆することもあり,流氷も危険である。また,魚のとれぐあいも気象の影響を受ける。このような漁業に関連する気象が漁業気象である。なお,漁船のために1日に3回NHKから漁業気象通報が放送されており,登山家,一般の人々にも利用されている。【高橋 浩一郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

漁業気象
ぎょぎょうきしょう

漁業と気象との関係を調査研究する分野であるが、漁船の安全のための気象通報を含める。

 水産生物、主として魚類の生態とそれを取り巻く環境条件、水温、塩分、密度、流れ、透明度、濁度、溶存酸素量、栄養塩類などとの関係を調査する。これらのうち主分野をとくに水産気象とよぶことがある。たとえば、海洋の魚類にはその成育に適する水温があり、日本近海のように寒流と暖流とが複雑に交錯する所では、海水温の分布によって、主要な魚類の生息範囲を知ることができる。このため海水温の分布図を気象庁は漁船に通報している。

 気象の状態が漁獲量に大きな影響を与える。たとえば低気圧の通過とブリの漁獲量との間には密接な関係があり、低気圧の通過直後からその量が増大することが多い。これは、低気圧の通過による海面の攪拌(かくはん)が濁りを増すためといわれている。また大規模な現象としては、貿易風の消長がペルー沖の海水温の上昇を促し、エルニーニョ現象をおこして、カタクチイワシの漁獲量に大きな打撃を与えることがある。

 また低気圧や台風の通過が、漁船の海難を引き起こすので、気象庁では操業中の漁船に気象の実況、高低気圧や前線の位置と動向を知らせる漁業気象通報などを実施している。そのほか外洋や沿岸の波浪図や、冬季間に北洋へ出漁する船舶には海氷図なども無線模写通報によって通報して海難の防止に努めている。

[安藤隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょぎょう‐きしょう ギョゲフキシャウ【漁業気象】
〘名〙 漁船の操業のために観測、通報する海洋気象。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漁業気象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漁業気象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation