@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

漂砂【ひょうさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漂砂
ひょうさ
drift sand
海岸付近の浅い海底をや流れの作用によって砂礫が転がって移動する現象,あるいは移動する礫の総称。漂砂の堆積によって湾口に砂嘴 (さし) ができることがある。京都府の天橋立はこの好例。漂砂が短時間に港の前面の海をうずめてしまうことがある。新潟県岩船港がこの例。漂砂の現象は海岸一帯に起こっていて,砂の堆積だけでなく,海岸浸食の原因にもなる。漂砂のおもな原因には波の運動,これに伴う流れ,潮流などがあるが,漂砂現象は,砂粒の径 0.2mmのものでは毎秒 10cm以上の流速がないと起こらないとされている。漂砂防止の工法には,波の力を殺するために海岸に直角防砂堤を築いたり,海岸に平行な平行堤の設置などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひょう‐さ〔ヘウ‐〕【漂砂】
海岸付近において、波の運動や潮流により、砂が移動する現象。また、その砂。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうさ【漂砂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

漂砂
ひょうさ
littoral drift

沿岸の海底の砂は、波や流れなどの作用によって移動する。このような底質の移動現象と移動する砂をさして漂砂とよぶ。広義には飛砂(ひさ)をも含める。一般に海岸には多かれ少なかれ砂の移動がみられるが、その移動量が多くなると、海岸に突堤などの施設があれば、上手側に砂の堆積(たいせき)、航路・泊地などの埋没がおこり、下手側には海岸侵食が発生して、人家、道路などが危険となる。漂砂には各種の要因が複雑に作用するので、その解析はむずかしい問題である。

[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐さ ヘウ‥【漂砂】
〘名〙
① 多量の水分を含み、流動性を帯びた砂。
② 河口や海浜などにあり、流れや波に運搬される砂。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漂砂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漂砂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation