@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

漏斗【ろうと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漏斗
ろうと
funnel
じょうご」とも読む。液体を器に注入したり,ろ紙を使ってろ過するための器具円錐容器の先端に細管を備えている。ガラス,金属,合成樹脂,陶磁器などでつくる。化学実験用のほか,とくりや壺のにはめて,酒,醤油,油を注ぐために用いられる。また穀類,茶葉を移すために用いる大型のものなどもある。 (→化学実験器具 , 化学分析器具 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐ご〔ジヤウ‐〕【漏斗】
《上戸(じょうご)ので、酒をよく吸い込むところからという》口の狭い容器に液体を注ぎ込む用具。らっぱのような形で、細い先をなどの口に差し込み、上から液体を流し入れる。ろうと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう‐と【漏斗】
液体を口の狭い容器に移したり、濾過(ろか)したりするときに使う器具。一般に注ぎ口の広い円錐形で下端細長い。じょうご。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうご【漏斗】
水,酒などの液体を口の細い容器に注ぎ入れるのに用いる器具。上部は口径を大きく,下部は細い管につくる。本来〈ろうと〉と音読すべきものであるが,日本では室町末期すでに〈じょうご〉と呼んでいた。〈じょうご〉は上戸で,《和漢三才図会》は酒をよく飲むための俗称だとしている。同書はまた,銅でつくるとしているが,現在では金属のほか,プラスチックなどでもつくられている。漏斗(ろうと)【鈴木 晋一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ろうと【漏斗 funnel】
液体を細い口の容器に移したり,液体と沈殿をこしわけたりする目的に用いられる器具。〈じょうご〉とも呼び一般家庭でも用いる。ろ過するときは,ろ紙などのろ材とともに全体をろ過器あるいはフィルターといって,漏斗とは区別している。ガラス製のものが多いが,目的に応じて磁器製,金属製,ポリエチレンその他のプラスチック製などのものもある。形もいろいろなものがあるが,基本的には図1のように円錐に細い管がついたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうご【漏斗】
口の小さい容器に液体を入れるときに使う道具。円錐状の上部の底が筒口になったもの。ろうと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろうと【漏斗】
口の狭い容器に液体を注ぎ込むときに使う道具。上方が朝顔の花のように開き、下端が細くとがる。じょうご。 -状の花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

じょうご【漏斗】
液体を口の小さい容器に注ぎ入れるときに用いる道具。あさがおののように上部が開いて下部が細くなっており、細いほうを容器の口に差し込んで用いる。◇「上戸(じょうご)」の意で、酒を吸い込むからという。「ろうと」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろうと【漏斗】
じょうご。⇒じょうご

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

漏斗
ろうと
funnelfilter funnel
広い開口部をもち、下部が細くくびれた、主として液体を移すのに用いられる器具。一般にじょうごといわれるものも漏斗の一種である。化学実験に用いられる漏斗は、液体と固体とを濾別(ろべつ)分離するためのもので、円錐(えんすい)形の開口部に細い脚がついた管である。濾材には濾紙を使うが、円盤状の融着ガラスを濾材とする全ガラス製のものはガラスフィルターとよばれる。吸引濾過には、陶器製のブフナー漏斗あるいは円柱状の開口部をもつガラスフィルターが使われる。分液漏斗は、二相に分かれる液体混合物の分離に使われる。脚が短く、容器部が円柱状の分液漏斗に似たものは滴下漏斗(安全漏斗)で、液体試薬を反応容器に滴下するのに使われる。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ご ジャウ‥【漏斗】
〘名〙 (上戸の意で、酒を吸い込むところから。また、「承壺(しょうこ)」の音からとも)
① 上が広く、下が細くすぼまって穴のある金属または木・竹製の器。口の狭い器に、水や酒など液体状のものを注ぎ入れるのに用いる。ろうと。
※日葡辞書(1603‐04)「Iǒgode(ジャウゴデ) サケヲ ツグ」
② 歌舞伎の幽霊の衣装で、裾が①の形に上から下へ次第に細くなっているもの。
③ Vの字を伏せたような形。寄席芸人などが、舞台の飾りつけや、人の整列などにいう語。
※歌舞伎・夢結蝶鳥追(雪駄直)(1856)二幕「下座の所町木戸、此間漏斗(ジャウゴ)に往来の遠見」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう‐と【漏斗】
〘名〙 口の狭い容器などに物をそそぎ入れるのに用いる器具。上が広く、下は容器の口へ挿し入れるように細くなっている。じょうご。〔新編異国料理(1861)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

漏斗
 →卵管漏斗

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漏斗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漏斗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation