@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

演芸【えんげい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

演芸
えんげい
公衆の前でを演じること。いわゆる演劇を除いて庶民的な寄席芸のすべてをさす。落語漫才浪曲手品太神楽 (だいかぐら) ,アクロバット,曲ごま,紙切り,百面相,声帯模写,そのほかあらゆる雑芸を含む。古代散楽猿楽などの寺社街頭での芸能に端を発し,江戸時代,寄席の発達とともに隆盛となり,現在では,テレビ,ラジオで盛んに行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐げい【演芸】
公衆の前で演じられる落語・漫才・講談・浪曲・曲芸奇術その他、庶民的な演劇・音楽・舞踊などの芸。「演芸会」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんげい【演芸】
公衆の面前で芸人によって演じられる諸芸の総称で,芸能とほとんど同じ意味で使用されてきた。演芸という言葉が一般化した明治から大正にかけては,歌舞伎を中心とする演劇および下座音楽を使った寄席(よせ)でおこなわれた演芸に対して用いられていたが,今日では演劇以外の雑芸を指す言葉として使われるのが普通で,〈演劇〉と区別されている。歴史的にみると,興行取締りの面でも両者は区別され,1921年の警視庁の〈興行場及興行取締規則執行心得〉は,演劇を見せる劇場に対して,〈演芸場とは主として講談,落語,浄瑠璃,唄,音曲等を公衆聴聞に供する常設の場所〉とし,さらに軽業,曲芸,奇術等の技芸を上演する観物場をあげている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

演芸
えんげい

公衆を前に演じる芸能、またその演じる行為をいう。広義には演劇、舞踊、歌なども含まれるが、狭義には落語、講談、浪曲、奇術といった、1人または少人数で演じる大衆的な寄席(よせ)芸能をさし、今日一般には後者の意味が強い。明治以降に使われたことばで、当初は歌舞伎(かぶき)など演劇を中心とした諸芸能の総称として、日本演芸矯風会(きょうふうかい)、日本演芸協会、雑誌『演芸画報』などのように使われた。1921年(大正10)に警視庁が興行取締りの対象として劇場(演劇)、演芸場(落語、講談など)および観物場(曲芸、奇術など)の3種類を公的に定義、この後二者で上演されるものが総合されて狭義の演芸になった。演芸の様相は時代とともに流動し、ことに昭和期には万才が漫才、声色(こわいろ)が声帯模写と変容したほか、漫談や歌謡漫談なども誕生し、ラジオ・テレビ時代に入るとそれに応じて短時間に演じる多様なものが流行した。

[向井爽也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐げい【演芸】
〘名〙 公衆の前で大衆的な芸能を演じること。また、その芸。演芸という名称は明治以後のもので、演劇を中心に、歌舞音曲や寄席芸を含むものであったが、現在では、演劇や映画を除く講談、落語、浪曲、曲芸、手品などをさす。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉四「渠(かれ)の演芸は自から夏炉冬扇の嫌あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

演芸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation