@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

漢拏山【ハルラサン】

デジタル大辞泉

ハルラ‐サン【漢拏山】
大韓民国、済州島中央部のアスピーテ型火山。標高1950メートル。かんらさん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんら‐さん【漢拏山】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんなさん【漢拏山 Halla‐san】
韓国最南端,済州島の主峰。標高1950m。粗面岩からなる鐘状火山をその上に噴出した玄武岩が楯状火山に変化させたもので,現在は死火山である。頂上には白鹿潭という火口湖があり,山麓には360余の寄生火山が分布している。海岸までせり出した溶岩流は万丈や挟戈(きようか)窟などの溶岩窟を形成し,済州島の始祖神話である三姓穴神話や蛇神の説話を有する特異な景観を示している。また柱状節理に沿った海食崖は天池淵,天帝淵などの海岸瀑布となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

漢拏山
かんださん / ハルラサン

韓国(大韓民国)の南端、済州島(さいしゅうとう/チェジュド)の中央にそびえる火山。標高1950メートル。新生代第三紀に粗面岩が噴出し、トロイデ型の山体をなしたのち、第四紀に流動性が大きい玄武岩が広範囲に噴出して、全体的にアスピーテ型山体をなした。しかし頂上部分はトロイデ型を残している。山頂には火口湖である白鹿潭(はくがたん)がある。山麓(さんろく)部には360余個の寄生火山があり、海岸から頂上まで植物の垂直分布がよく現れている。

[森 聖雨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんら‐さん【漢拏山】
朝鮮半島南部、済州島中央部の主峰。標高一九五二メートル。朝鮮語ではハルラサン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漢拏山
かんださん
ハルラ(漢拏)山」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢拏山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漢拏山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation